ホームトレーニングトップ 10 必須の犬...

犬の必須コマンドトップ 10: 安全と絆を育むために毛むくじゃらの友達を訓練する

無料購読

犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人を訓練するために時間と労力を投資することが重要です。トレーニングは犬の安全を確保するだけでなく、飼い主とペットとの絆も深めます。犬に重要なコマンドを教えると、構造と秩序の感覚が確立され、一般的な行動上の問題を管理しやすくなります。この記事では、すべての犬が知っておくべきトップ10のコマンドとその重要性、そして犬がそれに従うように効果的に訓練する方法について説明します。

犬が知っておくべき基本的なコマンド

1. あなたに焦点を当ててください:「見てください」または「見てください」コマンド

犬の訓練の基本的な側面の 1 つは、犬の注意を獲得し、維持することです。犬に「見て」または「見ていて」というコマンドを教えることは、周りに気が散っても飼い主に集中し続けるために非常に重要です。このコマンドは他のコマンドを教えるための基礎として機能し、トレーニングセッション中や困難な状況で犬の注意を向け直すのに特に役立ちます。

「見て」コマンドに反応するように犬を訓練するには、静かで気を散らさない環境から始めます。おやつを顔の近くに持って、しっかりとコマンドを言い、犬があなたとアイコンタクトをするのを待ちます。すぐにご褒美を与えて褒めてあげましょう。このコマンドを練習しながら、気を散らすレベルを徐々に上げて、さまざまな状況で集中力を維持する犬の能力を強化します。

2. 緊急リコール:「来い」コマンド

リコールとしても知られる「カム」コマンドは、潜在的な危険からあなたを救い、愛犬の安全を確保することができる重要なコマンドです。このコマンドを使用すると、緊急事態でも犬に電話をかけることができます。愛犬がリードを滑らせた場合でも、危険なエリアに突入しそうになった場合でも、信頼できるリコールが命の恩人となります。

犬を呼んだら来られるように訓練するには、安全で管理された環境から始めましょう。犬にある程度の自由を与えながら、コントロールを維持するには、長いリードを使用してください。はっきりとした自信に満ちた口調で「来て」というコマンドを言い、リードをゆっくりと自分の方に引っ張ります。犬があなたに近づいてきたら、褒めたり、おやつやお気に入りのおもちゃなどでご褒美をあげましょう。犬がリコールコマンドにうまく反応できるようになるにつれて、徐々に距離を延ばし、気を散らす距離を増やしていきます。

3. ルーズリードウォーキング:「ウィズミー」または「イージー」コマンド

犬の散歩 二人にとって楽しい経験になるはずです。 「with me」または「easy」コマンドを使用してゆるいリードで歩くように犬に教えると、引っ張られるのを防ぎ、散歩がより快適になります。リードを緩めた散歩スタイルであれば、愛犬はリードに過度な力を加えることなく、静かにあなたのそばを歩くことができます。

- 広告 -

犬があなたと一緒に歩くように訓練するには、気が散るのが最小限の静かな場所から始めます。リラックスした姿勢でリードを持ち、歩き始めます。犬が引っ張り始めたらすぐに歩くのをやめて、「一緒に」または「簡単に」というコマンドを言います。犬がリードの張力を緩めるのを待ってから、散歩を再開します。あなたのそばで静かに歩いている犬に、おやつや褒め言葉を与えてください。ルーズリードウォーキングを達成するには、一貫性と忍耐力が鍵となります。

4. 放置する: 不要な物体や物質の侵入を防ぐ

「放っておいて」コマンドは、犬の安全を守り、有害な物や物質を拾わないようにするために不可欠です。地面に落ちている魅力的な食べ物であっても、有毒な植物であっても、犬に放っておくように教えることで、事故を防ぎ、犬の健康を守ることができます。

「放っておいて」コマンドに反応するように犬を訓練するには、閉じた手でおやつを与えることから始めます。閉じた手を犬に差し出し、しっかりとした口調で「放っておいて」と言いましょう。犬がおやつにアクセスしようとするのをやめたら、もう一方の手で別のおやつを与えて褒めてください。地面におやつを置いたり、より魅力的なオブジェクトを導入したりして、徐々に難易度を上げてください。このトレーニング中は決して犬を罰しないようにしてください。代わりに、ポジティブな強化に焦点を当てます。

5. Drop It: コマンドでオブジェクトを解放する

「落としてください」というコマンドは、犬が不適切なものをつかんだり噛んだりするのを防ぐために非常に重要です。それが貴重品であれ、危険物であれ、あるいは遊んでいる間の単なるおもちゃであれ、命令に従って物体を放すように犬を訓練することで、潜在的な損害や危害からあなたを守ることができます。

犬に物を落とすことを教えるには、犬が楽しく遊べるおもちゃから始めます。おもちゃを口にくわえて、しっかりと優しい口調で「落として」という命令を言うように促します。オブジェクトを解放したご褒美として、おやつや別のおもちゃを提供します。プレイセッション中にこのコマンドを練習し、徐々にさまざまなオブジェクトを導入し、積極的な強化で動作を強化します。

6. 座る:良い行動の基礎

「おすわり」コマンドは、犬に最初に教えられるコマンドの 1 つです。これは、良い行動の基礎となり、不要なジャンプや走りを防ぐためです。犬に命令に従って座るように教えると、犬は落ち着き、落ち着きを保ち、さまざまな状況で礼儀正しい行動を示すことができます。

犬にお座りをしつけるには、おやつを鼻の近くに持ってゆっくりと上に動かし、犬の頭がおやつに従い、お尻が自然に下がります。お尻が地面に触れたら、「お座り」という命令をはっきりと言い、すぐにご褒美としてご褒美を与えます。このコマンドを強化するには一貫性が重要であるため、さまざまな環境でこのプロセスを 1 日を通して数回繰り返します。

7. 横になる:リラックスと落ち着きを促進する

「横になる」コマンドは、犬のリラックスと落ち着きを促進するために不可欠です。食事中や来客時など、愛犬を落ち着かせたいシーンで特に便利です。犬に命令に従って横になるように教えることは、寝返りをしたり、特定の場所にとどまったりするなど、他の行動の基礎としても役立ちます。

犬を横になるように訓練するには、座った姿勢から始めます。おやつを鼻の近くに持って、ゆっくりと地面に向かって下げます。体がおやつに従っているときに、「横になって」というコマンドを言い、完全に横になったときにおやつを与えます。このコマンドをさまざまな設定で練習し、「横になる」姿勢の継続時間を徐々に長くしてください。

8. ステイ:静止姿勢を維持する

「Stay」コマンドは、犬を静止した位置に保ち、危険な状況に陥ったり迷惑になったりするのを防ぐために非常に重要です。犬に「留まる」ことを教えると、犬の従順性が高まり、飼い主が犬の行動を効果的に管理できるようになります。

犬をじっとさせる訓練をするには、まず座ったり横になったりした姿勢から始めます。手のひらを相手に向けて手を彼らに向かって伸ばし、しっかりとした口調で「留まって」というコマンドを言います。一歩下がって数秒待ってから、犬の元に戻り、おやつや褒め言葉でご褒美をあげましょう。滞在コマンドの継続時間と距離を徐々に増やし、常に遵守に報酬を与え、解放コマンドを使用して滞在の終了を知らせます。

9. 待ってください: 忍耐と自制心を教える

「待つ」コマンドは、犬に一時的に停止したり、その位置を維持させたい場合に便利です。これにより、許可なくドア、木箱、車から飛び出すのを防ぐことができます。犬に待つことを教えると忍耐力と自制心が高まり、さまざまな環境でも扱いやすくなります。

犬を待つように訓練するには、まずリードにつないでいるか、狭い場所で犬を待ちます。はっきりと断定的な口調で「待て」と命令し、一歩か二歩前進してください。犬がその場に留まっている場合は、犬の元に戻り、褒めたりおやつでご褒美をあげたり、「オーケー」や「自由にして」などの別のコマンドで犬を放してください。 wait コマンドの継続時間を徐々に長くし、さまざまな設定で練習してください。

10. 場所:境界線とリラクゼーションエリアの確立

「場所」コマンドは、犬の境界線やリラックスできる場所を確立するための貴重なツールです。指定された場所に行き、移動の許可が出るまでそこに留まるように教えます。このコマンドは、ドアに留守番するときや公共の場所に行くときなど、犬を 1 か所に留まらせたいときに特に便利です。

指定された場所に行くように犬を訓練するには、ベッドやマットなどの特定の場所を選択します。おやつや口頭での合図を使って、犬がその場所に行くように促します。彼らがその場に着いたら、「場所」というコマンドを言い、おやつや賞賛を与えます。このコマンドを一貫して練習し、指定された場所との距離を徐々に広げてください。

犬のトレーニングには一貫性、忍耐力、そして積極的な強化が必要であることを忘れないでください。トレーニングセッション中に、おやつ、褒め、遊びをモチベーションの源にしてください。犬の興味と熱意を維持するために、トレーニングセッションは短くて魅力的なものにしてください。時間をかけて熱心に取り組むことで、あなたの犬はこれらの重要なコマンドを習得し、行儀の良い楽しい仲間になるでしょう。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

愛犬の血液型を理解することの重要性

責任あるペットの飼い主として、私たちは最高のケアを提供するよう努めています...

犬は生姜を食べても大丈夫?犬用生姜の完全ガイド

生姜は独特の香りと風味で知られる人気のスパイスです。抗炎症作用や抗酸化作用などの治療効果があるため、何世紀にもわたって使用されてきました。

愛犬の食べ物への攻撃性: プロのように対処する方法

食物攻撃性は、犬が食事やおやつを食べるときに示す縄張り反応です。これは資源保護の一形態であり、犬は貴重な資源を守りたいと考えています。

- 広告 -

今すぐ読む

犬は桃を食べても大丈夫?ペットの飼い主のための完全ガイド

犬は桃を食べても大丈夫?桃は甘くてジューシーな夏のお菓子で、多くの人が楽しんでいます。犬の飼い主として、この果物を毛皮で覆われた友人と共有しても安全かどうか疑問に思うかもしれません。

犬にとってチョコレートの危険性:中年犬の飼い主が知っておくべきこと

中年の犬の飼い主として、特定の食べ物が毛皮で覆われた友人に及ぼす危険性を理解することが重要であり、チョコレートは最も有毒なものの一つです。チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる化学物質が含まれており、犬にとって有害であり、大量に摂取すると死に至る可能性もあります。

暑い天候での犬の安全な散歩: 重要なヒントと予防措置

犬の散歩は、犬の日常生活と全体的な健康にとって不可欠な部分です。ただし、暑い季節には、毛皮で覆われた友人の安全と快適さを確保するために特別な予防措置を講じることが重要です。

トレーニングやコンパニオンシップに最適な犬種

トレーニングやコンパニオンシップに最適な犬種を見つけてください |トレーニングのしやすさに影響を与える要因 |非常に訓練しやすい犬種 |ボーダーコリー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーなど

犬の寿命が近づいている兆候: 旅路を理解する

ペットの飼い主として、私たちの愛する犬が寿命を迎えるという困難な現実に直面することは避けられません。場合によっては、寿命が近づいている犬が発作を起こすことがあります。

犬はメロンのおいしい味を楽しむことができますか?

メロンは、適量を与えれば、犬にとって健康的で楽しいおやつになります。必須栄養素、水分補給、自然な甘味を提供します。

夏の暑さの中で犬の水分補給を保つ方法

夏の暑さが到来すると、犬の水分補給を確実にすることが重要です。毛皮で覆われた友人が水分を補給し、健康を保つことができます。犬も人間と同じように脱水症状を起こしやすく、犬の健康は毎日適切な量の水を摂取できるかどうかにかかっています。

シニア犬の世話のヒント: 年を重ねても健康と幸せを確保する

老犬の世話のヒントは?あなたの最愛の毛皮で覆われた仲間が黄金期を迎えると、健康と幸福を維持するために必要な細心の注意を払うことが不可欠になります。

犬の防寒着に関する究極のガイド: 愛犬を暖かくスタイリッシュに保つ

冬は雪に覆われた景色と冷たい空気が美しい季節です。私たち人間は暖かいジャケット、帽子、スカーフを身につけることができますが、毛皮で覆われた友人たちも寒さから身を守る必要があります。

犬の嘔吐を理解して対処する: ペットの飼い主のための包括的なガイド

責任ある犬の飼い主として、毛むくじゃらのペットが嘔吐するのを見るのは心配であり、苦痛でもあります。あなたの犬がなぜこのような症状を経験しているのか、そして問題に対処するためにどのような手順をとるべきかを理解したいと思うのは自然なことです。

犬の栄養学: 犬に栄養を与えるための包括的なガイド

犬にバランスの取れた食事を与えることは、犬の全体的な健康と幸福にとって非常に重要です。責任あるペットの飼い主として、人生のさまざまな段階における犬の栄養要件を理解することが重要です。この包括的なガイドには、必要なすべての情報が含まれています。

愛犬の便秘を克服する方法: 包括的なガイド

犬の便秘は不快で苦痛な状態になることがあります。あなたの毛皮で覆われたペットが便秘に悩まされている場合、どのようにして便秘を解消し、消化器系をサポートできるか疑問に思うかもしれません。