ホーム栄養チョコレートの危険性…

犬にとってチョコレートの危険性:中年犬の飼い主が知っておくべきこと

無料購読

中年の犬の飼い主として、特定の食べ物が毛皮で覆われた友人に及ぼす危険性を理解することが重要であり、チョコレートは最も有毒なものの一つです。チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる化学物質が含まれており、犬にとって有害であり、大量に摂取すると死に至る可能性もあります。この記事では、チョコレートが犬にとって有毒である理由、多すぎる量、チョコレート中毒の兆候、犬がチョコレートを摂取した場合の対処法について説明します。

なぜチョコレートが犬にとって有毒なのか

チョコレートには、犬にとって有害なテオブロミンとカフェインという 2 つの化学物質が含まれています。これらの化学物質は心拍数を高め、神経系を刺激する可能性があり、特に大量に摂取すると犬に深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。チョコレートに含まれるテオブロミンとカフェインの量はチョコレートの種類によって異なり、ダークチョコレートにはミルクチョコレートやホワイトチョコレートよりもこれらの化学物質が多く含まれています。

犬にとってのチョコレートの危険性

多すぎるとはどのくらいですか?

犬にとって有毒となる可能性のあるチョコレートの量は、犬の体重と摂取したチョコレートの種類によって異なります。一般に、チョコレートの色が濃く、苦いほど、犬にとっての毒性は高くなります。たとえば、ベーキング チョコレートやグルメ ダーク チョコレートは高濃度で、1 オンスあたり 130 ~ 450 mg のテオブロミンを含んでいますが、ミルク チョコレートには 1 オンスあたり約 44 ~ 58 mg しか含まれていません。

これを大局的に考えると、体重 50 ポンドの中型犬は、ベーカーズ チョコレートを 1 オンス、ミルク チョコレートを 9 オンス食べるだけで、中毒の兆候が現れる可能性があります。しかし、特に小型犬や基礎疾患のある犬の場合は、たとえ少量のチョコレートでも犬に有害となる可能性があります。

チョコレート中毒の兆候

チョコレート中毒の兆候は通常、摂取後 6 ~ 12 時間以内に現れますが、場合によっては現れるまでにさらに時間がかかることもあります。症状は最長 72 時間続く場合があり、嘔吐、下痢、落ち着きのなさ、排尿量の増加、震え、心拍数の上昇または異常、発作、さらには重篤な場合には倒れて死亡することもあります。

犬がチョコレートを食べた場合の対処法

愛犬がチョコレートを摂取した疑いがある場合は、すぐに獣医師の診察を受けることが重要です。次に何をすべきかについてのアドバイスについては、獣医師またはペット中毒管理センターに連絡してください。摂取したチョコレートの量と種類によっては、獣医師がテオブロミンの吸収を防ぐために嘔吐を誘発したり、活性炭を投与したりすることを推奨する場合があります。

- 広告 -

重症の場合、犬は点滴、投薬、その他の支持療法による治療のために入院が必要になる場合があります。チョコレート中毒の予後は通常、迅速に治療すれば良好ですが、場合によっては重篤または致命的になる場合もあります。

犬のチョコレート中毒を防ぐ方法

犬のチョコレート中毒を防ぐ最善の方法は、すべてのチョコレートおよびチョコレートを含む製品を犬の手の届かないところに置くことです。これには、チョコレートバーやキャンディーだけでなく、焼き菓子、ホットチョコレートミックス、およびチョコレートを含む可能性のあるその他の製品も含まれます。

子供がいる場合は、犬にとってチョコレートの危険性を教え、すべてのチョコレート製品を安全に保管することが重要です。また、犬を「放置」し、チョコレートなど食べてはいけないものを食べないよう訓練することもできます。

犬にとって安全なおやつ

愛犬に特別なおやつを与えたい場合は、安全なオプションがたくさんあります。キャロブは犬にとって安全なチョコレートの代替品で、お菓子作りやおやつとして使用できます。ペットショップでは、犬にとって安全で健康になるように配合されたさまざまな犬専用のおやつを見つけることもできます。

結論

チョコレートは犬にとって危険な物質であり、大量に摂取すると死亡を含む深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。中年犬の飼い主として、チョコレートがもたらすリスクを認識し、愛犬がチョコレートにアクセスできないように対策を講じることが重要です。愛犬がチョコレートを食べた疑いがある場合は、迅速かつ効果的な治療を受けるために、すぐに獣医師の診察を受けてください。これらの手順を実行することで、毛皮で覆われた友人を今後何年にもわたって安全で健康に保つことができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬耳酵母感染症の予防と治療: 包括的なガイド

犬の耳酵母感染症の予防と治療について知っておくべきことをすべて詳しく掘り下げていきます。症状と原因の特定から、最適な治療法についての議論まで。

犬はキャベツを食べても大丈夫:総合ガイド

犬は適度にキャベツを食べても安全です。栄養豊富な野菜で、消化を助けたり、皮膚の健康を促進したりするなど、さまざまな健康上の利点があります。

なぜ犬は草を食べるのでしょうか?理由、リスク、解決策を探る

犬が草を食べるのは一般的な行動で、犬の自然な本能、栄養不足、心理的欲求、胃のむかつき、または単に草の味が原因であると考えられます。

- 広告 -

今すぐ読む

究極の犬の養子縁組チェックリスト: スムーズな移行のための必須アイテム

新しい犬を迎える決断をしていただき、おめでとうございます。毛皮で覆われた友人を家族に迎えることは、刺激的でやりがいのある経験です。ただし、それには大きな責任も伴います。あなたと新しいペットの両方がスムーズに移行できるように、

犬のピラティス: 愛犬の健康と幸福を改善するためのガイド

ドッグピラティスを聞いたことがありますか?犬の健康と幸福を改善したいと考えているペットの飼い主なら、犬のピラティスを検討してみてはいかがでしょうか。この犬特有のフィットネスアクティビティは近年ますます人気が高まっていますが、それには十分な理由があります。

犬が悪夢を見ることがありますか?愛犬の夢の世界を理解する

Dogs Nightmares を想像してみてください。毛むくじゃらの友達が寝言で吠えている愛らしい光景です。ペットの飼い主として、私たちはペットがどんな夢を見ているのだろうかとよく考えます。おそらくリスを追いかけたり、お気に入りのおもちゃで遊んだりすることでしょう。

犬のTPLO手術の合併症:知っておくべきこと

TPLO手術は、CCL断裂または破裂のある犬の治療選択肢です。合併症が発生する可能性もありますが、適切な獣医リハビリテーションはこれらの問題を管理し、回復を促進するのに役立ちます。

成犬のアレルギー予防ガイド: 毛むくじゃらの友達を幸せで健康に保つために

成犬のアレルギーを防ぐには?ペットの飼い主として、私たちは皆、毛皮で覆われた友達が幸せで健康であることを望んでいます。人間と同じように犬もアレルギーに悩まされることがあります。それは犬にとっても飼い主にとってもイライラや苦痛を伴うことがあります。

犬の基本的な服従訓練の重要性

責任ある犬の飼い主として、毛皮で覆われたペットの基本的な服従訓練を優先することが不可欠です。犬の安全と健康を確保するだけでなく、あなたとあなたの犬との絆も強化します。トレーニングという考えは圧倒されるように思えるかもしれませんが、忍耐強く続けてください...

眠っている犬を寝かせることの重要性: 犬の睡眠パターンを理解する

犬は長い一日遊んだ後に安らかに眠る能力で知られており、犬の睡眠パターンの興味深い世界について説明し、眠っている犬を寝かせることがなぜ重要なのかについて説明します。

犬はアスパラガスを食べても大丈夫?人類の親友の栄養分析

犬はアスパラガスを食べてさまざまな必須ビタミンやミネラルを摂取できますが、注意を払い、安全な給餌方法に従うことが重要です。

あなたの犬を他の犬と社交化する方法: 子犬の社交化に関する包括的なガイド

あなたの犬を他の犬と社交化するにはどうすればよいですか?新しい子犬を家に迎えることは、とてもエキサイティングで楽しい出来事です。ペットの飼い主として、子犬の社会化を優先することが重要です。

犬:健康のためにしてはいけないこと

責任ある犬の飼い主として、犬の健康、幸福、安全を確保することは私たちの義務です。私たちのほとんどは善意を持っていますが、犬に対して決してしてはいけないことがいくつかあります。

犬はなぜ尻尾を振るのか: 犬のコミュニケーションを解読する

あなたの犬は尻尾を振っていますか?犬は尻尾を振ることでいつも私たちの心を捉えてきました。それは幸福と親しみやすさの普遍的な象徴であると私たちは信じています。しかし実のところ、尻尾を振るのは必ずしも犬の気分を表しているわけではありません。

犬の目の濁り:原因、症状、治療法

犬の目が曇るさまざまな原因について説明する前に、犬の視覚がどのように機能するかを理解することが重要です。人間の目と同様に、犬の目は虹彩の後ろにあるレンズで構成されています。