ホーム行動あなたの行動を止める方法...

犬がドアホンに吠えるのをやめさせる方法

無料購読

あなたが犬の飼い主なら、誰かがドアベルを鳴らしたときに起こる混乱を経験したことがあるでしょう。吠えたり、飛び跳ねたり、全体的な興奮は、あなたとあなたの毛皮で覆われた友人の両方にとって圧倒的になる可能性があります。しかし、恐れることはありません。犬に適切なドアホンのマナーを教え、関係者全員がより穏やかな環境を作り出すための効果的な戦略があります。

YouTube ビデオ

犬が呼び鈴に吠える理由

犬がドアホンに吠えるのをやめさせる方法を詳しく説明する前に、犬がなぜそのような行動を示すのかを理解することが重要です。犬は本来好奇心旺盛な生き物で、呼び鈴の音を聞くと自分のテリトリーを守ろうとする本能が働くことがあります。さらに、犬の中には、刺激的な出来事や馴染みの顔の到着の前にドアベルの音が鳴ることを学習し、過度に興奮して声を上げてしまう場合があります。

この問題に対処するために、犬をドアベルの音に鈍感にし、行動を方向転換させ、別の反応を教えることに焦点を当てたさまざまなテクニックを検討します。

脱感作: ドアベルの音との関連性を変える

犬にドアホンの正しいマナーを教える最初のステップは、音に対して犬を鈍感にすることです。これは、管理された環境でドアホンの騒音に徐々にさらすことで実現できます。その方法は次のとおりです。

  1. 価値の高いおやつを選ぶ: ピーナッツバターやスプレーチーズなど、犬が特に興味を示すおやつを見つけて、トレーニング中にご褒美として使用します。
  2. おやつを紹介します: 犬におやつを見せて、同時にドアベルの音を鳴らしながら舐めさせます。これは、おやつとドアベルの音の間に肯定的な関連性を生み出すのに役立ちます。
  3. 繰り返してご褒美をあげる: この練習を複数回練習し、おやつとドアベルの音の距離を徐々に増やしてください。最後に、ドアベルが鳴ったら、おやつをあげて犬を褒めましょう。

ドアベルの音を積極的な強化と一貫して組み合わせることで、犬はその音を過剰な吠えや興奮の引き金ではなく、楽しいものと関連付けるようになります。

「その場所に行く」ことを教える

犬がドアホンの音に鈍感になったら、次のステップは、ドアホンが鳴ったら指定された場所に行くように犬に教えることです。これにより、飛び跳ねたり、吠えたり、ドアを引っ掻いたりすることに代わる行動がとれます。このコマンドを確立するには、次の手順に従います。

- 広告 -
  1. 価値の高いおやつを使う: おやつで愛犬の注意を引き、幸せな声で褒めてあげましょう。おやつをルアーとして使用して、ベッドやクレートに誘導します。
  2. リピートと頭出し: 数日間にわたる複数のトレーニング セッションでこの演習を練習します。犬を指定された場所に誘導しながら、「寝なさい」「場所に行って」などの言葉による合図を徐々に導入してください。
  3. 物理的な誘惑を段階的に廃止する: 犬がこのコマンドに慣れてきたら、おやつを誘いにせずにベッドに行くように頼み始めます。おやつを与えるのは、指定された場所に着いてからだけにしてください。
  4. 気を散らしながら練習する:犬がドアホンが鳴ったらベッドに行くことに慣れたら、徐々に気を散らすものを導入してください。ドアを開けて、その場所に留まっている犬を褒めながら、人やトレーニングアシスタントとのやり取りをシミュレートします。

トレーニングプロセスでは一貫性と忍耐力が鍵となります。時間をかけて練習すると、犬はドアホンを指定された場所に行くことと関連付けることを学び、その結果、訪問者が到着したときの反応がより穏やかになります。

ドアベルが合図になる

ドアベルのマナーを訓練する最終的な目標は、ドアベルの音を犬が静かに指定された場所に行き、ご褒美を待つ合図として機能させることです。これにより、過度に吠えたり飛び跳ねたりする混乱を招くことなく、訪問者に対応したり、配達物を受け取ったりすることができます。この動作を強化する方法は次のとおりです。

  1. 一貫性を維持する: 犬がこの行動に慣れた後も、ドアホンの音と指定された場所に行くこととの関連性を継続的に強化してください。これにより、トレーニングの効果が長期間持続することが保証されます。
  2. おやつをいつでも手に取れるようにする:玄関の近くにおやつ瓶を保管しておくと、予期せぬ訪問者や配達があった場合にすぐに犬にご褒美を与えることができます。これにより、おやつを探す手間が省け、実際のシナリオでの彼らの良い行動が強化されます。

トレーニングのプロセス全体を通じて、犬にとって前向きで安全な環境を作り出すことが不可欠であることを忘れないでください。不安や攻撃性の増大につながる可能性があるため、罰や否定的な強化は避けてください。

複数の犬の考慮事項

家庭に複数の犬を飼っている場合、特に 1 頭の犬が既に過剰な興奮を示したり、ドアホンに吠えたりしている場合は、それぞれの犬のトレーニングを個別に管理することが重要です。推奨されるアプローチは次のとおりです。

  1. 個別のトレーニング: ドアホンが鳴ったときは、他の犬に望ましくない行動が学習されるのを防ぐために、犬同士を離してください。ベビーゲートやクレートを使用して物理的な障壁を作ることができます。
  2. 個人トレーニングセッション: 前述の手順に従って、各犬に対して個別にドアベルのマナーに取り組みます。これにより、それぞれの犬が集中的な注意を受け、望ましい行動を学習することができます。
  3. 段階的な統合:各犬がドアベルが鳴ったら指定された場所に行くことを習得したら、徐々にすべての犬がいる共同トレーニングセッションを導入します。彼らの行動を注意深く監視し、必要に応じて個別に強化を提供します。

それぞれの犬に合わせてトレーニングのアプローチを調整することで、犬特有のニーズに効果的に対処し、ドアホンが鳴ったときに調和のとれた環境を作り出すことができます。

安全第一

トレーニングの過程では、愛犬と訪問者や配達員の両方の安全を優先することが不可欠です。考慮すべき安全上のヒントをいくつか示します。

  1. リードの管理: 犬がドアベルが鳴るとドアに向かって飛び出す傾向がある場合は、犬が逃げたり、自分自身や他の人に危害を加えたりする可能性を防ぐために、犬をリードでつないでください。
  2. 物理的障壁: ベビーゲートや X ペンを使用して、犬とドアの間に障壁を作り、犬が入り口エリアに到達するのを防ぎます。
  3. 視覚的な障壁: 過剰な吠えや興奮を引き起こす可能性のある視覚的刺激を最小限に抑えるために、ブラインドを閉めるか、ドア近くの窓に半透明のフィルムを使用してください。
  4. 代替ノイズ: 愛犬がドアベルの音に特に敏感な場合は、音をマスキングしたり拡散させたりするために、ホワイトノイズマシン、音楽、またはボックスファンの使用を検討してください。

これらの安全対策を実施することで、犬にドアホンのマナーを訓練しながら、管理された安全な環境を作り出すことができます。

結論

犬に適切なドアホンのマナーを教えることは、忍耐、一貫性、そして積極的な強化を必要とする段階的なプロセスです。犬をドアベルの音に鈍感にし、鳴ったら指定された場所に行くように教えることで、飼い主と飼い犬の両方にとってより穏やかで楽しい経験を生み出すことができます。安全を優先し、多頭飼いの家庭ではそれぞれの犬のトレーニングプロセスを個別化することを忘れないでください。献身と正しいアプローチがあれば、犬がドアホンに吠えるのをうまく止めて、すべての人にとって平和な環境を作り出すことができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

ドッグパーク訪問を成功させるための基本的なエチケット ルール

ドッグパークを訪れることは、あなたにとっても毛皮で覆われた友人にとっても価値のある経験となるでしょう。これらの重要なルールに従うことで、すべての公園訪問者が安全かつ敬意を持って訪問できるようにすることができます。

犬耳酵母感染症の予防と治療: 包括的なガイド

犬の耳酵母感染症の予防と治療について知っておくべきことをすべて詳しく掘り下げていきます。症状と原因の特定から、最適な治療法についての議論まで。

犬のニキビダニに関する究極ガイド:症状、原因、治療

ニキビダニは犬の皮膚に自然に生息するダニの一種です。これらのダニは微細な 8 本足の生き物で、通常は皮膚の毛包や油腺に生息しています。

- 広告 -

今すぐ読む

犬用の丈夫なペット用遊び道具の究極ガイド

毛むくじゃらの友達に関して言えば、私たちは最高のものだけを望みます。犬は私たちの生活に喜び、仲間、そして終わりのない娯楽をもたらしてくれるので、私たちが犬に耐久性のある魅力的なおもちゃを提供するのは当然のことです。この包括的なガイドでは、頑丈なゲームの世界を探索します。

新しい子犬にぴったりの名前を決める方法

新しい子犬をあなたの生活に迎えることは、刺激的で楽しい経験です。責任ある犬の飼い主として、あなたが直面する最初の仕事の 1 つは、毛皮で覆われた友人にぴったりの名前を選ぶことです。

臆病な犬の自信を高める: 5 つの効果的な戦略

あなたの犬は、初めての人や状況に対して恥ずかしがったり、怖がったりしませんか?毛皮で覆われた友達が自信の問題に苦しんでいるのを見るのは、難しいかもしれません。ただし、犬の自信を高めるために実行できる戦略がいくつかあります。

なぜ犬は前足で飼い主を叩くのでしょうか?

犬が前足であなたをたたきますか?犬が前足で飼い主を叩く理由を掘り下げ、犬が伝えようとしているさまざまなメッセージを解読していきます。

ノミと犬について知っておくべき事実

犬のノミの問題に対処する場合、事実とフィクションを区別することが重要です。オンラインで入手できる情報が膨大にあるため、信頼できるアドバイスを見つけるのは困難な場合があります。

毛皮で覆われた友達を守る: ペットの盗難を防止し、ペットの安全を確保するためのガイド

ペットの盗難を防ぐには?ペットの飼い主として、私たちは毛皮で覆われた友人を大切にし、彼らの安全を守るためにできる限りのことをします。マイクロチップの装着から愛情あふれる家の提供まで、私たちは彼らを守るための予防策を講じています。

犬のリンパ腫を理解する:原因、種類、診断、治療

リンパ腫は人間と犬の両方に影響を与える一般的ながんであり、犬の飼い主にとって大きな懸念となっています。リンパ腫は複雑で困難な病気であり、犬の生命に大きな影響を与える可能性があります。

なぜ私の子犬は水をたくさん飲むのですか?

犬の過度の飲酒は潜在的な健康上の問題を示している可能性があるため、重大な変化や付随する症状に気づいた場合は獣医師の診察を受けることが重要です。

犬は安全に刺身を食べても大丈夫?責任あるペットの飼い主のためのガイド

毛皮で覆われた相棒とお気に入りの食べ物を共有したいと思うのは自然なことです。生の魚を繊細にスライスした刺身は、犬に与えてみたい誘惑的なおやつのように思えるかもしれません。

犬のアジソン病:原因、症状、治療法

副腎皮質機能低下症としても知られる犬のアジソン病は、犬に影響を及ぼすホルモン疾患です。犬のアジソン病は複雑なホルモン疾患であり、犬に深刻な影響を与える可能性があります。

犬の寿命が近づいている兆候: 旅路を理解する

ペットの飼い主として、私たちの愛する犬が寿命を迎えるという困難な現実に直面することは避けられません。場合によっては、寿命が近づいている犬が発作を起こすことがあります。

飼い主が犬が嫌がること10選

犬が成長するには感情的および肉体的な刺激が必要です。これらのニーズを無視すると、退屈、不安、行動上の問題が生じる可能性があります。インタラクティブなおもちゃ、パズル、トレーニング演習を通じて精神的な刺激を与えるようにしてください。