ホーム行動犬はなぜ食べるの...

なぜ犬はうんちを食べるのでしょうか?この忌まわしい習慣の背後にある謎を解明する

無料購読

なぜ犬は自分のうんちを食べるのでしょうか?犬の飼い主として、あなたは最も不快な習慣の 1 つに直面したことがあるかもしれません。それは、毛皮で覆われた友人がうんちを食べるということです。それはあなたに嫌悪感を与え、混乱を引き起こす可能性のある行動です。結局のところ、なぜ犬はそのような反抗的な行為をするのでしょうか?この包括的なガイドでは、犬のうんちを食べる科学用語である食糞症の魅力的な世界を掘り下げていきます。私たちは、この行動の背後にある行動的および生理学的理由を調査し、一般的な通説の間違いを暴き、あなたのパートナーの犬のこの習慣を阻止するのに役立つ実践的な解決策を提供します。それでは、一緒にこの旅に乗り出し、犬がうんちを食べる理由の背後にある真実を明らかにしましょう。

食糞症を理解する – 単なるひどい習慣以上のもの

不快な行動の背後にある科学

食糞症、つまり糞便を食べる行為は、犬で観察される比較的一般的な現象です。私たち人間にとっては嫌なことかもしれませんが、一部の犬がうんちを珍味とみなすのには、行動的および生理学的理由があることが判明しています。米国獣医師会動物行動学会年次会議で発表された研究では、約24パーセントの犬が少なくとも一度はうんこを食べるのが観察され、16パーセントが「重篤な」うんちを食べる犬として分類されたことが研究者らによって発見された。しかし、なぜ犬はこのような行動をとるのでしょうか?食糞の背後にある動機を真に理解するには、私たちの仲間であるイヌの進化のルーツを探求する必要があります。

祖先の素質を解明する

カリフォルニア大学デービス校のベンジャミン・ハート博士によると、新鮮な便を食べるという行為は、自然界に生息するイヌ科動物の祖先が持つ生来の素質を反映しているという。この行動は、糞便中に存在する腸内寄生虫に対する保護メカニズムとして機能し、巣穴/休憩エリアに時々落とされる可能性があります。つまり、犬はうんこを食べることがDNAに組み込まれているのです。これは私たちにとって奇妙に思えるかもしれませんが、野生の祖先にとっては生存本能でした。

犬や子犬のうんちを食べる正常性

食糞症をさらに理解するには、この行動が特定の人生段階、特に子犬期では正常であると考えられることを認識することが重要です。母犬は、生後数週間は本能的に子犬をなめ、糞便を食べて排泄してきれいにするよう促します。子犬も同様の行動をとることがあり、自分のうんち(自己食糞症)だけでなく、他の犬のうんち(他食糞症)、さらには猫や野生動物などの他の動物のうんちを食べることもあります。この自然な行動は通常、子犬が成長するにつれて、通常は生後 9 か月までに消えていきます。

行動的原因と医学的原因の区別

食糞は主に行動の問題ですが、この行動の一因となる可能性のある根本的な医学的問題を除外することが重要です。栄養不足、消化の問題、腸内寄生虫はすべて潜在的な原因となる可能性があります。食糞症の行動面に対処する前に、犬の健康状態を確認するには獣医師に相談することが重要です。

犬がうんちを食べる動機

退屈、ストレス、注意を求めること

進化的素因に加えて、犬がうんちを食べる理由の背後にはいくつかの行動的動機があります。退屈やストレスにより、犬は感情状態を緩和する方法として食糞をすることがあります。同様に、犬も飼い主の注意を引く手段としてこの行動に訴えることがあります。犬はどんな反応でも無視されるよりは良いと認識する可能性があるため、否定的な注意でさえその習慣を強化する可能性があります。

- 広告 -

不適切な関連付けと環境要因

犬は非常に知覚力の高い生き物であり、特定の刺激と行動の間に関連性を形成することがあります。食糞症の場合、犬が自分の糞便のすぐ近くで餌を与えられると、食べ物の匂いと糞便の匂いを関連付けてしまい、両者の境界線が曖昧になってしまうことがあります。制限的な監禁や隔離などの環境要因も食糞症の一因となる可能性があります。犬小屋や地下室で単独で飼われている犬は、人間の仲間のすぐ近くで暮らしている犬に比べて、この行動を起こす可能性が高くなります。

母親の行動を真似て他人の匂いを嗅ぐ

子犬は母親の行動を観察し、真似することで学習します。母犬が子犬の体を掃除し、その糞便を摂取すると、子犬は母親の行動を真似しようとして自分のうんちを食べる習慣が身につくことがあります。さらに、子犬は母犬が体をきれいにした後、母犬の息に含まれる糞便の臭いを嗅いで混乱する可能性があり、これが食糞症の発症につながる可能性があります。さらに、病気の犬や高齢の犬と一緒に暮らす犬は、群れを外敵から守るための防御本能として糞便を摂取することがあります。

うんこを食べることの危険性

食糞症に伴う健康リスク

自分のうんちを食べることは通常無害ですが、他の動物の排泄物を食べることは犬にとって重大な健康リスクを引き起こす可能性があります。猫、馬、野生動物などの他の動物の糞便には、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性のある寄生虫、ウイルス、または毒素が含まれている可能性があります。回虫、鉤虫、ジアルジアなどの腸内寄生虫は特に懸念されます。したがって、犬の健康を守るためには、犬が自分以外の糞便を摂取しないようにすることが重要です。

うんこを食べる習慣を直す

予防と早期介入

うんちへのアクセスを防ぐことは、食糞の習慣を断ち切るための第一歩です。犬の誘惑を取り除くには、糞便を直ちに適切に処理することが不可欠です。家庭に猫を飼っている場合は、犬のトイレへのアクセスを制限し、排泄物をすぐにすくい出すことで、猫が「おやつ」を食べてしまうことを防ぐことができます。特に子犬期の早期介入も重要です。最初から適切な指導と積極的な強化を提供すると、子犬がこの行動を克服するのに役立ちます。

トレーニングと積極的な強化

トレーニングは食糞症をなくす上で重要な役割を果たします。 「放っておいて」「来て」などの基本的なコマンドを犬に教えると、犬の注意が向けられ、その行動に参加するのを防ぐことができます。トイレ休憩のために一貫して犬をリードし、適切な行動に対してご褒美を与えると、望ましい行動を強化することができます。不安を引き起こし、問題を悪化させる可能性があるため、罰を避けることが重要です。代わりに、犬が正しい選択をできるよう、ポジティブな強化に焦点を当ててください。

犬の身体的および精神的なニーズを満たす

退屈して刺激が不足している犬は、食糞などの望ましくない行動を起こす可能性が高くなります。犬の身体的および精神的なニーズを確実に満たすことは、この習慣を防ぐのに役立ちます。定期的な運動、インタラクティブなおもちゃ、精神的な刺激を与える活動は、犬の心を集中させ、エネルギーレベルのバランスを保つことができます。疲れていて満足している犬は、娯楽やストレス解消の手段として食糞に頼る可能性が低くなります。

バランスの取れた食事と獣医師のケアの提供

栄養不足は犬の食糞症の一因となる可能性があります。犬の食事がバランスが取れており、すべての栄養ニーズを満たしていることを確認することが不可欠です。獣医師に相談して、必要なビタミン、ミネラル、栄養素を含む高品質の食事を選択してください。さらに、定期的な獣医師の診察は、食糞症の原因となっている可能性のある基礎疾患を特定するのに役立ちます。これらの症状を治療すると、症状を軽減できます。

うんちを魅力的でなくする

他のすべてがうまくいかない場合は、市販の食糞防止剤があります。これらの栄養補助食品は犬の糞便の味を変え、犬にとって魅力のないものにしてしまいます。これらの製品は一部の犬には効果的ですが、すべての犬に効果があるわけではないことに注意することが重要です。抑止剤を使用する前に獣医師に相談することをお勧めします。

結論 – 解決策に関する不快な習慣

食糞は目撃すると不快な習慣かもしれませんが、理解と忍耐をもってそれに対処することが不可欠です。この行動の背後にある進化のルーツと行動動機を認識することで、それを阻止するために必要な措置を講じることができます。適切な予防、訓練、犬のニーズへの対応、バランスの取れた食事を確保することで、犬がうんちを食べたいという衝動を克服できるようになります。この習慣を断ち切るには、一貫性、積極的な強化、そして毛皮で覆われた友人の独特のニーズに対する深い理解が必要であることを忘れないでください。あなたの指導と世話があれば、あなたの犬はこの不快な行動を乗り越え、忠実で大切なパートナーであり続けることができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

オスの子犬の生殖器の突出を理解し、ケアする

雄子犬の生殖器のケアは、子犬の全体的な健康と幸福にとって重要な側面です。見落とされがちな領域の 1 つは、雄の子犬の生殖器の突出です。

犬のピラティス: 愛犬の健康と幸福を改善するためのガイド

ドッグピラティスを聞いたことがありますか?犬の健康と幸福を改善したいと考えているペットの飼い主なら、犬のピラティスを検討してみてはいかがでしょうか。この犬特有のフィットネスアクティビティは近年ますます人気が高まっていますが、それには十分な理由があります。

犬の攻撃から身を守る

人間の親友と言われる犬ですが、時には...

- 広告 -

今すぐ読む

犬の献血:人類の親友の命を救う行為

犬の血液バンクの設立は、獣医学の分野では比較的最近の出来事です。以前は、患者が輸血を必要とする場合、獣医師は自分の犬、または同僚や顧客の犬に頼らなければなりませんでした。

あなたの毛皮で覆われた友人に適切な栄養と最高のドッグフードを選ぶ

最高のドッグフードをお探しですか?適切なドッグフードは、より良い消化と吸収を保証するだけでなく、犬の全体的な健康と幸福にも貢献します。

子犬のトイレトレーニング: 成功のためのステップバイステップガイド

トイレトレーニングは、新しく生まれた子犬の世話に欠かせないものです。小さな喜びを家に持ち帰る場合でも、年老いた犬を引き取る場合でも、適切なトイレの習慣を教えることは、一緒に調和のとれた生活を送るために非常に重要です。ハウストレーニングは屋内での事故を防ぐだけではありません...

犬の消化器の健康に対する乳酸菌の重要性

犬にも乳酸菌は良いのでしょうか?犬の全体的な健康と幸福を維持することに関しては、消化器の健康に注意を払うことが非常に重要です。人間と同じように、犬も消化器系の問題を経験し、生活の質全体に影響を与える可能性があります。

冬に犬を健康で幸せに保つ方法

冬の天候は、犬の飼い主にとって独特の課題をもたらす可能性があります。人間と同じように、犬も寒さの影響を受けるため、冬の間は犬を暖かく、幸せに、健康に保つことが重要です。

犬の防寒着に関する究極のガイド: 愛犬を暖かくスタイリッシュに保つ

冬は雪に覆われた景色と冷たい空気が美しい季節です。私たち人間は暖かいジャケット、帽子、スカーフを身につけることができますが、毛皮で覆われた友人たちも寒さから身を守る必要があります。

犬の過剰なよだれを減らす自然な方法: 乾いた快適な子犬のためのヒント

よだれを垂らすのは犬の一般的な行動ですが、過度のよだれは心配の原因となることがあります。あなたの毛皮で覆われた友人がどこに行ってもよだれの水たまりを残しておく場合は、問題に対処する時期が来ています。

犬の皮膚病の原因と治療法

犬の皮膚病は、多くのペットの飼い主が対処しなければならない一般的な問題です。犬も人間と同じように、不快感や苦痛を引き起こす可能性のあるさまざまな皮膚症状を経験することがあります。

ドライドッグフードをより魅力的にする: 愛犬を誘惑するための 7 つのヒント

多くの犬の飼い主は、ペットの人生のある時点でこの課題に直面します。 キブルとしても知られるドライ ドッグ フードは、その便利さ、手頃な価格、長い保存期間により人気があります。

犬は人間を親だと思っているのでしょうか?犬と人間の絆を探る

犬は人間を親だと思っているのでしょうか?犬の飼い主として、毛皮で覆われた仲間があなたを親として見ているかどうか疑問に思ったことがあるかもしれません。人間が自分の感情や役割をペットに投影するのはよくあることです。

子犬にごめんなさいと謝る方法:信頼を築き絆を強化するためのガイド

犬に「ごめんなさい」と謝るにはどうすればいいでしょうか?ペットの親として、私たちは毛皮で覆われた友人のために愛情と調和のとれた環境を作り出すよう努めています。しかし、衝突や偶発的な事故が起こり、子犬との関係が緊張してしまうこともあります。

犬にローフードダイエットを与えることの長所と短所

犬にローフードを与えるかどうかは、長所と短所を慎重に考慮した上で個人の判断で決定する必要があります。一方、ローフードダイエットには潜在的な利点があります。