ホーム健康TPLO手術の合併症...

犬のTPLO手術の合併症:知っておくべきこと

無料購読

TPLO手術、または脛骨高原レベリング骨切り術は、犬の後膝関節を安定させ、頭十字靱帯(CCL)の断裂または断裂によって引き起こされる後肢の跛行に対処するために行われる一般的な手術です。 TPLO 手術は高い成功率を誇りますが、ペットの飼い主は回復の過程で発生する可能性のある合併症について認識しておくことが重要です。これらの合併症を理解することは、治療の指針となり、クライアントのより良いカウンセリングを可能にするのに役立ちます。

YouTube ビデオ

頭蓋十字靱帯の重要性

頭蓋十字靱帯 (CCL) は、犬の後膝関節の重要なスタビライザーです。頭蓋脛骨の並進(頭蓋の引き出し)、過伸展、内旋に抵抗します。さらに、CCL には機械受容体と固有受容体が含まれており、後肢の固有受容に寄与しています。 CCLが裂けるか破裂すると、関節の不安定性、痛み、炎症、変形性関節症の発症につながります。

TPLO手術とは何ですか?

脛骨高原レベリング骨切り術 (TPLO) は、CCL 断裂または破裂後に後膝関節を安定させるために一般的に使用される外科手術です。 TPLO 手術の目的は、脛骨プラトーの角度を平らにするか水平にすることで、体重負荷時の頭蓋脛骨の推力や亜脱臼を中和することです。そうすることで、TPLO 手術は体重を支える際の痛みを取り除き、後膝関節の変形性関節症の進行を遅らせます。代替処置と比較して、TPLO は正常な臨床機能への最良の復帰をもたらすことが示されています。

TPLO手術後の回復期待

犬のTPLO手術に伴う合併症

TPLO 手術後の回復期間は、ペットの飼い主にとっても、その毛皮で覆われた仲間にとっても長く、イライラするものになる可能性があります。回復の段階は、患者の年齢、体重、全体的な健康状態、CCL断裂または破裂の重症度などのいくつかの要因によって異なります。また、同時に発生した損傷、手術技術、術後の管理戦略にも影響されます。回復プロセス中に予想される一般的なタイムラインは次のとおりです。

術後直後(0~2週間)

術後すぐの期間は、痛みの管理、創傷治癒、合併症の予防に重点が置かれます。患者は多少の不快感を感じる可能性があり、適切な治癒を確実にするためには適度な運動制限が必要です。関節の可動性を維持し、筋萎縮を防ぐために、理学療法やリハビリテーションが開始される場合があります。

2~6週目

手術部位の治癒が進むにつれて、患者は体重を支える能力と可動性を徐々に取り戻していきます。この段階では、筋力と関節機能を改善するために、理学療法とリハビリテーション演習が重要な役割を果たします。手術部位への過度の負担を防ぐために、制御および監視された活動が推奨されます。

- 広告 -

6~12週目

この段階までに、患者は体重負荷と可動性において大幅な改善を示しているはずです。焦点は筋力と持久力の再構築に移ります。理学療法とリハビリテーションは、管理され監督された活動とともに継続する必要があります。定期的な獣医師の診察によって進行状況が監視され、リハビリテーション計画に必要な調整が行われます。

3~6か月目

この時点で、患者は完全回復に近づいているはずです。ただし、犬の治癒プロセスはそれぞれ異なることを覚えておくことが重要です。筋力、関節の安定性、可動域を改善するには、リハビリテーション演習を継続する必要があります。通常の活動レベルに徐々に戻ることは可能ですが、再傷害を防ぐために注意が必要です。

6か月を超えた場合

6 か月後、ほとんどの犬は TPLO 手術から完全に回復しているはずです。ただし、患者の関節の健康状態を監視し、変形性関節症の兆候を管理することが不可欠です。長期的な関節の健康をサポートするには、健康的な体重の維持、定期的な運動、関節サプリメントが推奨される場合があります。

TPLO手術後の一般的な合併症

TPLO 手術は通常は成功しますが、場合によっては合併症が発生する可能性があります。これらの潜在的な合併症を認識し、発生した場合には適切な獣医師の診察を受けることが重要です。 TPLO 手術後に発生する可能性のある一般的な合併症は次のとおりです。

切開部の合併症

切開部の合併症には漿液腫や切開部の感染症などがあります。漿液腫は、切開部位の周囲に現れる痛みのない柔らかい腫れです。一方、切開感染では発赤、熱、腫れ、分泌物などの症状が現れることがあります。これらの合併症を管理するには、活動の制限、温湿布、および潜在的な抗生物質の使用など、適切な創傷ケアが必要です。

感染

感染は、インプラント、その下の骨、または膝関節自体の内部で発生する可能性があります。インプラント関連感染症は、細菌の定着やバイオフィルムの形成によって発生する可能性があります。深部感染は、関節痛、皮膚病変、または全身性感染症の兆候として現れることがあります。これらの感染症では、抗生物質による治療が必要になる場合があり、場合によってはインプラントの除去が必要になる場合もあります。

持続的な窒息の不安定性

外科的矯正にもかかわらず、インプラントの失敗またはピボットシフト現象により、膝関節の不安定性が持続または再発する可能性があります。インプラントの失敗は、治癒期間中の不適切な活動制限や、脛骨結節や腓骨の骨折が原因で発生する可能性があります。不安定性が持続すると、変形性関節症や半月板損傷のリスクが高まる可能性があります。

膝蓋骨デスモパチー

膝蓋靱帯の肥厚は、TPLO 手術後によく見られる所見です。ほとんどの場合、この肥厚は痛みを伴わず、数週間以内に解消されます。しかし、少数の患者は、靱帯の跛行や触診時の痛みを特徴とする臨床的線維症を経験することがあります。治療の選択肢には、痛みの管理やリハビリテーションが含まれます。

半月板損傷

半月板損傷は、特に不安定性が持続する場合、TPLO 手術の前後に発生する可能性があります。急性に発症する跛行、関節滲出液、関節動作時の半月板クリック音は、半月板損傷の一般的な兆候です。半月板の損傷部分を除去するには、外科的介入が必要になる場合があります。

骨切り術の治癒の遅延または不完全

場合によっては、骨切り部位の治癒が遅れたり不完全になったりすることがあります。これは、全身的要因または応力遮蔽によるものである可能性があり、安定化の硬さと骨を通る力の欠如が適切な治癒を妨げます。治癒を促進するには、リハビリテーション演習や、衝撃波療法や骨移植などの潜在的な介入が必要になる場合があります。

肉腫

まれに、TPLO 手術後に脛骨近位部の肉腫が発生することがあります。これは、特定のタイプのインプラントが関与するケースで発生する可能性が高くなります。臨床徴候には、跛行、触診時の痛み、骨の肥厚または腫れ、および病的骨折の可能性が含まれます。診断にはレントゲン検査が必要です。

リハビリテーションと筋膜後遺症

潜在的な合併症に加えて、TPLO 手術後に発生する可能性のあるリハビリテーションと筋膜の後遺症を考慮することが重要です。膝関節可動域の喪失、筋萎縮、筋膜過敏症、機能異常、進行性変形性関節症などは一般的な問題であり、さらなる評価と介入が必要となる場合があります。リハビリテーション演習、理学療法、および疼痛管理技術は、転帰を改善し、患者の生活の質を向上させるのに役立ちます。

犬のTPLO手術

結論

TPLO手術は、CCL断裂または破裂のある犬にとって効果的な治療選択肢です。合併症が発生する可能性もありますが、適切な獣医師のケアとリハビリテーションは、これらの問題を管理し、回復を促進するのに役立ちます。ペットの飼い主は、潜在的な合併症を認識し、獣医師と緊密に協力して、毛むくじゃらのペットに可能な限り最善の結果をもたらすことが不可欠です。適切なケアとモニタリングがあれば、犬はTPLO手術後に順調に回復し、可動性と生活の質を取り戻すことができます。

犬の特定の状態と回復プロセスに関する個別のアドバイスと指導については、必ず獣医師に相談してください。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬のためのベビーカー選びの究極ガイド

最高の犬用ベビーカーをお探しですか?あなたの愛するペットに最適な犬用ベビーカーを選ぶ際に留意すべき主な考慮事項と機能を探っていきます。

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫ですか?

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫でしょうか?おやつとしてプルーンを数個食べたくなったことがあるなら、毛皮で覆われた友人とプルーンを分け合っても安全かどうか疑問に思ったことがあるかもしれません。

犬の低血糖症を理解する

犬の低血糖症は低血糖としても知られ、犬の血流中のグルコース濃度の低下を特徴とする症状です。グルコースは犬の体の細胞、特に脳にとって重要なエネルギー源です。

- 広告 -

今すぐ読む

騒音恐怖症の犬を助けるための究極のガイド

雷雨、花火、掃除機などの大きな音を聞くと不安になったり、恐怖を感じたりする毛皮で覆われたペットがいる場合、あなたは騒音恐怖症である可能性があります。騒音恐怖症は、あらゆる年齢の犬に影響を与える可能性のある一般的な症状です。

犬の新生児に対する愛情は執着なのか保護なのか?

新しく赤ちゃんが家族に加わることは、愛犬も含めて誰にとっても心躍る瞬間です。犬は生まれたばかりの赤ちゃんと強い絆を形成することが多く、愛情深くもあり、心配になるような行動を示します。

犬の耳が腫れるのはなぜですか?考えられる5つの原因とケア方法

犬の耳が腫れる原因はいくつかあり、適切なケアを行うにはこれらの原因を理解することが重要です。犬の耳が腫れる最も一般的な原因の 1 つは、耳の感染症です。

犬が排便中に飼い主を見るのはなぜですか?

犬は、私たちを戸惑わせることもある独特の行動を持つ魅力的な生き物です。そのような行動の 1 つは、犬が排便中に飼い主を見つめる傾向です。

夏の暑さの中で犬の水分補給を保つ方法

夏の暑さが到来すると、犬の水分補給を確実にすることが重要です。毛皮で覆われた友人が水分を補給し、健康を保つことができます。犬も人間と同じように脱水症状を起こしやすく、犬の健康は毎日適切な量の水を摂取できるかどうかにかかっています。

なぜ犬は人に飛びつくのでしょうか?

犬が人に飛びつくのはよくある行動で、愛らしくもありイライラさせられることもあります。犬がこの行動をとる理由を理解することが、効果的に対処する鍵となります。

私の犬が目を開けたまま寝るのはなぜですか?

犬が目を開けたまま寝る理由を理解するには、目の構造の基本を理解することが重要です。犬には人間の目と似ていますが、いくつかの独特な特徴があります。

愛犬と強い絆を築く方法: 10 の重要なヒント

犬との強い絆を築くには、時間、忍耐、理解が必要です。リーダーシップを受け入れ、インタラクティブな遊びに参加し、前向きなつながりを育むことによって。

犬の皮膚病の原因と治療法

犬の皮膚病は、多くのペットの飼い主が対処しなければならない一般的な問題です。犬も人間と同じように、不快感や苦痛を引き起こす可能性のあるさまざまな皮膚症状を経験することがあります。

犬:健康のためにしてはいけないこと

責任ある犬の飼い主として、犬の健康、幸福、安全を確保することは私たちの義務です。私たちのほとんどは善意を持っていますが、犬に対して決してしてはいけないことがいくつかあります。

犬の必須コマンドトップ 10: 安全と絆を育むために毛むくじゃらの友達を訓練する

犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人を訓練するために時間と労力を投資することが重要です。トレーニングは犬の安全を確保するだけでなく、飼い主とペットとの絆も深めます。

静かな闘い:犬の気管支狭窄症の理解と管理

気管支狭窄とは、肺との間で空気を運ぶ気道である気管支が狭くなることを指します。気管支狭窄の症状は、早期の発見と介入にとって非常に重要です。