ホーム健康犬の逆くしゃみ:...

犬の逆くしゃみ:原因、症状、治療法

無料購読

逆くしゃみは発作性呼吸としても知られ、犬によく見られる呼吸反射です。より深刻な症状と誤解されることが多く、ペットの飼い主に不安を与えています。この包括的なガイドでは、犬の逆くしゃみの原因、症状、治療法について説明します。あなたが新しい犬の飼い主でも、以前にこの現象を経験したことがある場合でも、この記事は逆くしゃみを理解し、効果的に対処するために必要な情報を提供します。

犬の逆くしゃみ

逆くしゃみとは何ですか?

逆くしゃみは、犬が突然無意識に行う反射で、空気を吐き出すのではなく急速に吸い込み、その結果、独特の鼻を鳴らす音やクラクション音が鳴ります。これは通常のくしゃみの反対であるとよく言われます。逆くしゃみは犬と猫の両方に起こる可能性がありますが、犬でより一般的に観察されます。

逆くしゃみの際、犬は首を伸ばしたり、立ち止まったり、奇妙な呼吸音を発したりすることがあります。この症状に詳しくないペットの飼い主にとって、これは憂慮すべきことかもしれません。ただし、逆くしゃみは一般に無害であり、犬にとって長期的な健康上の問題を引き起こすことはないことに注意することが重要です。

犬の逆くしゃみの原因

犬の逆くしゃみの正確な原因はまだ完全には理解されていません。ただし、逆くしゃみエピソードの発生に寄与する可能性のあるいくつかの要因と誘因が特定されています。これらには次のものが含まれます。

  1. アレルギー: 花粉、ほこり、その他の環境刺激物に対してアレルギーのある犬は、これらのアレルゲンへの反応として逆くしゃみを経験することがあります。
  2. 空気中の刺激物: 香水、洗剤、芳香剤などの家庭用品は犬の鼻腔を刺激し、逆くしゃみを引き起こす可能性があります。
  3. 興奮または過剰な刺激: 犬が過度に興奮したり、刺激を受けたりすると、結果として逆くしゃみが発生することがあります。
  4. 異物: 犬の鼻腔や喉に異物が存在すると炎症を引き起こし、逆くしゃみを引き起こす可能性があります。
  5. 鼻ダニ: 犬の鼻腔に鼻ダニが寄生すると、逆くしゃみが起こることがあります。
  6. 短頭種:ブルドッグ、パグ、シーズーなどの短頭種の犬種は、細長い軟口蓋を発達させる傾向があり、これが逆くしゃみの一因となる可能性があります。

逆くしゃみ自体は心配する必要はありませんが、基礎的な健康状態と関連している場合があることに注意することが重要です。あなたの犬が頻繁または長期にわたる逆くしゃみを経験している場合は、獣医師に相談して適切な診断を受け、根本にある深刻な問題を除外することをお勧めします。

犬の逆くしゃみの見分け方

犬の逆くしゃみは、独特の症状や行動が特徴です。あなたの犬が逆くしゃみをしている可能性があることを示す一般的な兆候をいくつか紹介します。

- 広告 -
  • 鼻を鳴らす音やクラクションの音: 逆くしゃみは独特の鼻息やクラクション音を発生させ、ペットの飼い主にとってはうるさく警戒させる可能性があります。
  • 拡張ネック: 逆くしゃみを経験した犬は、気道を開こうとして首を伸ばして静止していることがよくあります。
  • 吸入困難: 逆くしゃみの際、犬は狭くなった気管に空気を取り込むのに苦労し、吸入困難の兆候を示すことがあります。
  • 前後の通常の動作:犬は通常、逆くしゃみの前後に通常の行動に戻り、苦痛や不快感の兆候を示しません。

犬にこれらの症状が見られた場合は、症状が現れている間は落ち着いてペットを慰めてあげることが重要です。ほとんどの逆くしゃみの症状は 1 分未満で、介入しなくても自然に治ります。ただし、症状が頻繁に発生したり、長引いたり、その他の懸念される症状を伴う場合は、獣医師のアドバイスを受けることをお勧めします。

犬の逆くしゃみの診断

あなたの犬が初めて逆くしゃみを経験した場合、または発作がより頻繁になった場合は、獣医師の診察を受けることをお勧めします。逆くしゃみ自体は深刻な症状ではありませんが、発作の一因となっている可能性のある根本的な健康上の問題を除外することが重要です。

獣医師の診察中に、獣医師は犬の呼吸器系の徹底的な検査を行い、必要に応じて追加の診断検査を行う場合があります。これには以下が含まれる場合があります。

  • 身体検査: 獣医師は犬の鼻、喉、口に炎症、異物、異常の兆候がないか検査します。
  • 病歴: 最近の環境の変化、アレルゲンへの曝露、過去の呼吸器系の問題など、犬の病歴を提供すると、獣医師が正確な診断を下すのに役立ちます。
  • 診断テスト:場合によっては、獣医師は、逆くしゃみの他の潜在的な原因を除外するために、血液検査、X線検査、または鼻腔鏡検査(鼻腔を視覚化できる手順)などの追加の検査を推奨することがあります。

総合的な検査と診断検査を実施することで、獣医師は逆くしゃみが単独の問題なのか、それとも基礎的な健康状態に関連しているのかを判断できます。これは、あなたの犬に適切な治療と管理計画を立てるのに役立ちます。

逆くしゃみの治療と管理

犬の逆くしゃみは通常、害を及ぼすことなく自然に解決するため、ほとんどの場合、治療は必要ありません。ただし、症状が頻繁に発生したり、長引いたり、犬に苦痛を与えたりする場合は、症状を軽減し、状態を管理するのに役立ついくつかの対策があります。

  1. 優しい撫で心地と心地よさ: 逆くしゃみの発作中、犬を優しく撫でて安心させてあげると、犬は落ち着きを保ち、不安や不快感を和らげることができます。
  2. トリガーを避ける: アレルゲンや刺激物などの特定の誘因が犬の逆くしゃみの原因であると特定された場合は、これらの誘因への曝露を最小限に抑えることが重要です。
  3. 喉のマッサージ: 逆くしゃみの際に犬の喉をマッサージすると、筋肉が弛緩し、けいれんが軽減されます。
  4. 抗ヒスタミン薬または鼻づまり除去薬: 場合によっては、アレルギーや鼻づまりが逆くしゃみの一因であると判明した場合、獣医師は症状を管理するために抗ヒスタミン薬や鼻づまり解消薬を処方することがあります。
  5. 手術: まれに、軟口蓋の伸長やその他の構造的異常が再発性の重度の逆くしゃみの原因となっている場合は、外科的介入が推奨される場合があります。

投薬や治療計画については獣医師と相談し、処方する必要があることに注意することが重要です。自己投薬や専門家の指導なしに市販薬を使用すると、犬の健康を損なう可能性があります。

予防措置

逆くしゃみを常に防ぐことはできませんが、発作の発生を最小限に抑えるために講じることができる特定の対策があります。

  1. クリーンで塵のない環境: 定期的に家を掃除し、逆くしゃみを引き起こす可能性のある潜在的なアレルゲンや刺激物を取り除きます。
  2. 刺激物への曝露を避ける: 鼻腔を刺激する可能性のある強い香水、洗浄剤、その他の化学物質から犬を遠ざけてください。
  3. リードの適切な取り扱い: When walking your dog, avoid pulling on their collar or leash, as this can cause irritation and trigger reverse sneezing.
  4. 定期的な獣医師の健康診断: 獣医師による定期的な健康診断は、根本的な健康上の問題を特定し、逆くしゃみの再発につながる前に対処するのに役立ちます。

獣医師の診察を受ける時期

逆くしゃみは一般に無害ですが、状況によっては直ちに獣医師の診察が必要になる場合があります。次の場合は獣医師に連絡してください。

  • あなたの犬は、頻繁かつ長期にわたる逆くしゃみを経験しています。
  • 逆くしゃみの発作には、咳、鼻水、呼吸困難などの他の懸念すべき症状が伴います。
  • あなたの犬は苦しんでいるように見え、発作中に不快感や不安の兆候を示します。

獣医師はあなたの犬の状態を評価し、必要に応じて適切な治療を提供し、逆くしゃみの症状を管理するための指導を提供します。

結論

逆くしゃみは犬によく見られる呼吸反射であり、飼い主にとっては憂慮すべきことです。通常は無害で自然に解決しますが、原因、症状、治療法を理解することで、症状を効果的に管理することができます。発症中に愛犬を快適にし、潜在的な誘因を特定し、必要に応じて獣医師のアドバイスを求めることで、毛皮で覆われたペットの健康を確保することができます。犬はそれぞれ個性があり、犬の逆くしゃみについて懸念や質問がある場合は、獣医師に相談するのが最善であることを忘れないでください。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

溺れた犬を救う方法: ペットの飼い主のための応急処置のヒント

溺れているペットを救うために決して自分の命を危険にさらしてはいけないことに注意することが重要ですが、適切な応急処置テクニックを知っていれば、愛する仲間を救うのに大きな違いが生まれます。

犬の基本的な服従訓練の重要性

責任ある犬の飼い主として、基本的なことを優先することが不可欠です。

犬の行動を理解する: ペットの親のためのガイド

ペットの親として、私たちは皆、毛むくじゃらの友達を理解したいと思っています...

- 広告 -

今すぐ読む

犬の顔が腫れる原因と対処法

あなたの最愛の犬の顔が腫れていることに気づくと、憂慮し、心を痛めることがあります。犬の顔の腫れは、注意と治療が必要な根本的な健康問題の兆候である可能性があります。

愛する犬との絆を強める方法

犬との絆を深めるには?愛犬の個々の好みやニーズを理解して、愛犬と強く愛情のある関係を築くには、努力と献身が必要です。

犬はアスパラガスを食べても大丈夫?人類の親友の栄養分析

犬はアスパラガスを食べてさまざまな必須ビタミンやミネラルを摂取できますが、注意を払い、安全な給餌方法に従うことが重要です。

犬の正常な体温を理解する: 範囲、測定、モニタリング

すべての犬は、特定の範囲内に収まる独自の体温を持っています。愛犬の体温を監視することは、責任あるペットの飼い方の重要な部分です。

犬用の天然抗ヒスタミン薬:アレルギーを安全かつ効果的に軽減します

アレルギーは、人間と私たちの愛する毛皮で覆われた仲間の両方にとって共通の懸念事項です。私たちと同じように、犬も皮膚のかゆみ、足の炎症、胃のむかつきなどの不快な症状を経験することがあります。

オランダの平たい犬禁止令を理解する

オランダは平たい犬を禁止?犬は多くの家庭で愛されており、私たちに仲間、愛情、忠誠心を与えてくれます。ただし、特定の品種は、痛みや生命を脅かす可能性のある健康上の問題を抱えやすいです。

騒音恐怖症の犬を助けるための究極のガイド

雷雨、花火、掃除機などの大きな音を聞くと不安になったり、恐怖を感じたりする毛皮で覆われたペットがいる場合、あなたは騒音恐怖症である可能性があります。騒音恐怖症は、あらゆる年齢の犬に影響を与える可能性のある一般的な症状です。

犬の口輪について知っておくべきことすべて

犬の口輪は噛みつき事故を防ぐことができますが、専門的なトレーニングや行動修正プログラムを通じて、攻撃的な行動を引き起こす根本的な問題に対処することが不可欠です。

犬の攻撃から身を守る

人間の親友と言われる犬は、時として私たちの安全を脅かすことがあります。犬の攻撃は珍しいことですが、重傷を負う可能性があります。したがって、このような状況に効果的に対処するための知識を身に付けることが重要です。この包括的なガイドは...

犬用ドキシサイクリンについて知っておくべきことすべて

ドキシサイクリンは、犬のさまざまな細菌感染症を治療するために獣医学で使用される貴重な抗生物質です。呼吸器感染症から尿路感染症、ダニ媒介疾患まで。

犬ははちみつの甘さを安全に楽しむことができますか?

犬は蜂蜜を食べても大丈夫ですか?蜂蜜は、自然な甘さとさまざまな健康上の利点を多くの人が楽しんでいる、食品庫の常備品です。しかし、犬の飼い主として、私たちはこのおいしいおやつを毛皮で覆われた友達と共有しても安全なのかとよく疑問に思います。

犬の糖尿病を理解する:原因、症状、管理

犬の糖尿病を管理せずに放置すると、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。合併症のリスクを最小限に抑え、犬の健康を確保するには、予防措置を講じることが不可欠です。以下に、従うべき重要な手順をいくつか示します。