ホーム健康角膜の理解と治療...

犬の角膜潰瘍の理解と治療

無料購読

愛情深いペットの飼い主として、毛皮で覆われた友人に影響を与える可能性のある潜在的な健康上の問題を認識することが重要です。犬が直面する可能性のある一般的な問題の 1 つは角膜潰瘍です。目の透明な外層である角膜が損傷したり感染したりすると、潰瘍が形成されることがあります。この包括的なガイドでは、犬の角膜潰瘍の原因、症状、診断、治療の選択肢について詳しく説明し、愛するペットに最善のケアを提供するための知識を確実に得られるようにします。

犬の角膜潰瘍

1. 角膜潰瘍を理解する

角膜潰瘍とは何ですか?

角膜は、内部構造を保護する透明な外面であるため、しばしば目の「風防」と呼ばれます。角膜潰瘍は、角膜に開いた潰瘍や傷があり、目の内層が露出したときに発生します。これを治療せずに放置すると、痛みや不快感が生じ、場合によっては視力低下を引き起こす可能性があります。

犬の角膜潰瘍の原因

角膜潰瘍はさまざまな要因によって引き起こされますが、最も一般的なのは身体的外傷です。犬は、遊んだり、喧嘩したり、植物やとげなどの鋭利な物体と接触したりすることによって角膜に損傷を負うことがあります。ボストン テリア、ボクサー、フレンチ ブルドッグ、パグなどの特定の品種は、顔のひだやまぶたの形状や構造が原因で、角膜潰瘍になりやすい可能性があります。その他の原因には、埋没睫毛、熱や煙への曝露、化学的刺激物、異物、上皮ジストロフィー、乾性角結膜炎(ドライアイ)、内分泌疾患などの基礎疾患が含まれます。

角膜潰瘍の種類

角膜潰瘍は、影響を受ける角膜の層に応じて、表在性または深部に分類できます。表在性潰瘍は、角膜の最外層である上皮への損傷を伴います。深い潰瘍は、角膜の主要な支持組織である実質内に、またはそれを通って広がります。最も重篤なタイプの角膜潰瘍はデスメトヘルとして知られており、潰瘍がデスメ膜と呼ばれる角膜の最深層に達しています。デスメトセレスは目に見えるくぼみと灰色の外観が特徴です。

2. 症状の認識

角膜潰瘍の兆候と症状

犬の角膜潰瘍の兆候や症状を認識できることは、早期発見が迅速な治療とより良い転帰につながる可能性があるため、非常に重要です。一般的な症状には次のようなものがあります。

  • 不快感と痛み:角膜潰瘍のある犬は、目を細めたり、過度に瞬きしたり、患部を閉じたままにするなど、不快感の兆候を示すことがあります。
  • 光過敏症: 光恐怖症、または光に対する過敏症は、角膜潰瘍のある犬によく観察されます。
  • 過剰な涙:角膜潰瘍により涙の生成が増加し、涙目の原因となることがあります。
  • 角膜の濁り:角膜潰瘍のある犬では、目の前がかすみまたは曇って見えることがあります。
  • 赤みと腫れ: 強膜として知られる、通常は白い目の部分が赤く腫れることがあります。
  • 目をこすったり足で擦ったりする:犬は目を前足でこすったり、カーペットなどの表面にこすったりして痛みを和らげようとすることがあります。
  • 目やに:感染の有無に応じて、目やには透明から白、黄色、または緑色まで変化します。

3. 角膜潰瘍の診断

獣医師試験

愛犬が角膜潰瘍の疑いがある場合は、速やかに獣医師の診察を受けることが重要です。検査中、獣医師は角膜の状態を診断および評価するためにさまざまな検査を行います。一般的な検査の 1 つは、特別な染料を目に塗布するフルオレセイン染色検査です。潰瘍がある場合、染料が損傷部分に付着し、特殊な光で見ると緑色に見えます。慢性潰瘍またはより深い潰瘍の場合、獣医師はさらなる分析のために角膜からサンプルを収集することがあります。

- 広告 -

専門的なテスト

場合によっては、角膜潰瘍の範囲と重症度を評価するために追加の特殊な検査が必要になる場合があります。これらには次のものが含まれる場合があります。

  • 眼科超音波検査: この画像技術は高周波音波を使用して目の構造の詳細な画像を作成し、根本的な問題や合併症を特定するのに役立ちます。
  • 眼圧測定: この検査は眼内の圧力を測定します。これは、眼全体の健康状態を評価し、角膜潰瘍の潜在的な合併症である緑内障を監視するのに役立ちます。
  • 微生物の培養と感受性検査:感染症が疑われる場合、獣医師は培養と感受性検査のために角膜からサンプルを採取することがあります。これは、感染の原因となっている特定の細菌や真菌、および最も効果的な治療選択肢を決定するのに役立ちます。

4. 治療の選択肢

表層角膜潰瘍

表在性角膜潰瘍は、適切な治療を行えば通常 1 週間以内に治癒します。治療の主な目的は、感染を予防し、痛みを軽減することです。獣医師は次の治療オプションを推奨する場合があります。

  • 局所抗生物質: これらの薬は、角膜潰瘍を合併する可能性のある細菌感染症の予防または治療に役立ちます。これらは通常、点滴剤または軟膏の形で目に直接塗布されます。
  • 鎮痛剤:角膜潰瘍のある犬には、不快感を軽減するために鎮痛剤が必要になる場合があります。獣医師は、経口鎮痛剤や、鎮痛剤を含む軟膏や点眼薬などの局所薬を処方する場合があります。
  • Eカラー:目のさらなる外傷を防ぎ、治癒を促進するために、犬はEカラーまたはコーンとも呼ばれるエリザベスカラーを着用して、影響を受けた目をこすったり引っ掻いたりするのを防ぐ必要がある場合があります。

深部角膜潰瘍および深部角膜潰瘍

深部角膜潰瘍および角膜剥離症では、角膜穿孔などの合併症を防ぐために、より集中的な治療が必要です。治療には次のような選択肢があります。

  • 外科的介入:場合によっては、角膜組織の死んだ層や治癒が不十分な層を除去し、治癒を促進するために外科的処置が必要になる場合があります。これらの処置には、ダイヤモンド バーによるデブリードマンや角膜移植が含まれる場合があります。
  • 投薬と管理: 深い潰瘍では、感染を予防し治癒を促進するために、より積極的なアプローチが必要となることがよくあります。獣医師は、犬の特定のニーズに合わせて、局所抗生物質のより頻繁な塗布や追加の薬を処方する場合があります。
  • フォローアップケア: 深部角膜潰瘍の治癒の進行を監視するには、獣医師への定期的なフォローアップ訪問が不可欠です。獣医師は、治癒を評価し、適切な治療方針を決定するために、フルオレセイン染色検査を繰り返す場合があります。

5. 予後と回復

治癒時間と予後

角膜潰瘍の治癒時間は、重症度、深さ、根本的な原因などのいくつかの要因によって異なります。表在性潰瘍は通常、適切な治療を行えば 1 ~ 2 週間以内に治癒しますが、より深い潰瘍は完全に治癒するまでに数週間、場合によっては数か月かかる場合もあります。角膜潰瘍の予後は、迅速な治療が求められ、適切な管理が提供された場合、一般に良好です。

再発防止

犬の角膜潰瘍のリスクを軽減するには、予防策を講じることが不可欠です。これらには次のものが含まれる場合があります。

  • 潜在的な危険を回避する: 犬を鋭利な物体、とげのある植物、その他の怪我の原因となる可能性のあるものから遠ざけてください。
  • 定期的な目のケア: 湿らせた布や推奨の目拭きシートで犬の目を優しく拭いて、目の衛生状態を良くしてください。これは、角膜潰瘍を引き起こす可能性のある破片や刺激物を除去するのに役立ちます。
  • アレルゲンの管理: 犬にアレルギーがある場合は、獣医師と協力して効果的に管理してください。アレルギーにより目を過度にこすったり引っ掻いたりすることがあり、角膜潰瘍のリスクが高まります。
  • 定期的な獣医師の診察: 獣医師による定期的な眼科検査は、角膜潰瘍の基礎疾患や危険因子を検出するのに役立ちます。

治療後のケア

犬が角膜潰瘍の治療を受けた後は、治療後のケアについて獣医師の指示に従うことが重要です。これには、処方されたとおりに薬を投与すること、影響を受けた目を清潔に保つこと、再発や合併症の兆候がないか監視することが含まれる場合があります。定期的に獣医師をフォローアップ訪問することで、治癒の進行状況を継続的に評価し、必要に応じて治療を調整することができます。

6. 治療費

コスト要因

犬の角膜潰瘍の治療費は、次のようないくつかの要因によって異なります。

  • 地理的な場所: 獣医療の費用は、地域によって生活費によって異なる場合があります。
  • 重症度と複雑さ: 角膜潰瘍の範囲と重症度、追加の処置や外科的介入の必要性が、全体の費用に影響を与える可能性があります。
  • 品種: 特定の品種では、より広範な治療が必要な場合や、慢性または複雑な潰瘍を発症しやすい場合があり、これが治療費に影響を与える可能性があります。

犬の治療にかかる経済的側面について準備ができているかどうかを確認するために、獣医師と推定治療費について話し合うことが重要です。

7. 追加情報

進行性角膜潰瘍

ボクサー潰瘍または自然発生性慢性角膜上皮欠損(SCCED)としても知られる無痛性角膜潰瘍は、犬に発生する可能性のある特定のタイプの非治癒性潰瘍です。これらは、外側上皮細胞がより深い間質細胞に適切に付着するのを妨げる根本的な角膜異常と関連していることがよくあります。低進行性潰瘍の治療には、付着していない上皮細胞の壊死組織切除術、治癒のために粗面を作成するための角膜切開術、および柔らかい包帯コンタクトレンズの使用が含まれる場合があります。

結論

犬の角膜潰瘍は痛みを伴い、視力を脅かす可能性のある症状です。最良の結果を得るには、迅速な認識、診断、治療が非常に重要です。原因、症状、治療の選択肢を理解することで、毛皮で覆われた友人に必要なケアとサポートを提供できます。犬の個々のニーズに合わせた具体的なアドバイスについては、必ず獣医師に相談してください。あなたの愛情と配慮があれば、あなたの犬は角膜潰瘍から回復し、幸せで健康な生活を続けることができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

ポジティブ強化と矯正犬のトレーニング方法: どちらが最良のアプローチですか?

ポジティブ強化と矯正犬のトレーニング方法: どちらが最適ですか...

犬の耳が腫れるのはなぜですか?考えられる5つの原因とケア方法

犬の耳が腫れる原因はいくつかあり、適切なケアを行うにはこれらの原因を理解することが重要です。犬の耳が腫れる最も一般的な原因の 1 つは、耳の感染症です。

犬とスイカについて知っておくべきことすべて

はい、犬はスイカを食べて、その甘くてさわやかな味を楽しむことができます。実際、スイカは水分含有量が高く、多くの栄養素が含まれているため、犬にとって健康的なおやつです。ただし、他の食べ物と同様に、適量が重要です。

- 広告 -

今すぐ読む

犬が足をなめるのはなぜですか:原因と解決策

なぜ犬は足をなめるのでしょうか?あなたが犬の飼い主なら、毛皮で覆われた友人が時々足をなめることに気づいたかもしれません。足をなめるのは犬のグルーミングの一環として行われる正常な行為ですが、過度になめる場合は健康上または行動上の問題を示している可能性があります。

犬の白内障:初期症状と予防法を理解する

犬の白内障は、視力や全体的な生活の質に影響を与える憂慮すべき症状です。白内障は、目の水晶体が濁ることで発生し、視界がかすみます。

車で旅行する際の犬の乗り物酔いを防ぐ方法

犬の乗り物酔いはどれくらい続きますか?犬の乗り物酔いは、車で旅行する際によく見られる厄介な問題です。人間と同じように、犬も移動中の乗り物に乗っていると吐き気、嘔吐、不快感を経験することがあります。

なぜ犬は人に飛びつくのでしょうか?

犬が人に飛びつくのはよくある行動で、愛らしくもありイライラさせられることもあります。犬がこの行動をとる理由を理解することが、効果的に対処する鍵となります。

ドイツにおける犬の免許と教育の重要性

ドイツの犬の免許制度をご存知ですか?ドイツでは犬の所有率が増加し続けているため、当局は責任ある飼い方の必要性と、犬と地域社会の両方の安全と福祉を確保することの重要性を認識しています。

犬は梨を食べても大丈夫?ペットの親のための総合ガイド

梨は、適度に与えれば、犬の食事に栄養価の高い追加物となります。人間と同様に、犬も梨に含まれるビタミンC、ビタミンA、繊維などのビタミンやミネラルの恩恵を受けることができます。

散歩後に犬の足を効果的にきれいにする方法

散歩後の犬の足の掃除方法は?犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人を清潔で健康に保つことが不可欠です。犬のグルーミングで最も重要な側面の 1 つは足のケアです。

犬にとってチョコレートの危険性:中年犬の飼い主が知っておくべきこと

中年の犬の飼い主として、特定の食べ物が毛皮で覆われた友人に及ぼす危険性を理解することが重要であり、チョコレートは最も有毒なものの一つです。チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる化学物質が含まれており、犬にとって有害であり、大量に摂取すると死に至る可能性もあります。

なぜ犬はあなたの足の下で寝るのが好きなのでしょうか?

犬は人間の親友であることが知られており、その忠実で愛情深い性質が犬を世界で最も人気のあるペットの一つにしています。犬の飼い主なら、あなたがソファでリラックスしているときやベッドで横になっているときに、毛むくじゃらの友達があなたの足元に寄り添っていることに気づいたことがあるかもしれません。

犬のアジソン病:原因、症状、治療法

副腎皮質機能低下症としても知られる犬のアジソン病は、犬に影響を及ぼすホルモン疾患です。犬のアジソン病は複雑なホルモン疾患であり、犬に深刻な影響を与える可能性があります。

犬は卵の殻を安全に摂取できますか?真実を明らかにする

卵は、料理に汎用性があるだけでなく、栄養価も高いため、多くの家庭で主食となっています。ペットの飼い主として、私たちは毛皮で覆われた友人たちも同じメリットを享受できるのではないかとよく考えます。

子犬うつ病:それを理解し、克服する

子犬は喜びとエネルギーの塊として知られており、私たちの生活に幸福と興奮をもたらします。しかし、人間と同じように、子犬も悲しみ、嘆き、憂鬱な感情を経験することがあります。