ホーム健康必要なものはすべて...

犬の胃腸炎について知っておくべきことすべて

無料購読

胃腸炎は、胃と小腸の炎症を伴う犬によく見られる病気です。嘔吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こす可能性があります。この包括的なガイドでは、犬の胃腸炎の原因、症状、診断、治療、予防について詳しく説明します。あなたが心配しているペットの親であっても、獣医師であっても、この記事はこの状態を理解し、効果的に管理するために必要なすべての情報を提供します。

犬の胃腸炎について知っておくべきこと

1. 犬の胃腸炎を理解する

胃腸炎とは何ですか?

胃腸炎とは、胃や小腸を含む消化管の炎症を指します。感染症、食事の変化、薬、基礎疾患などさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。犬の胃腸炎の最も一般的な症状には、嘔吐、下痢、腹痛、倦怠感などがあります。適切な治療を提供し、合併症を防ぐためには、胃腸炎の根本的な原因を特定して対処することが不可欠です。

犬の胃腸炎の種類

胃腸炎は、下痢のみ、嘔吐を伴う下痢、または嘔吐のみ(炎症が胃に限定されている場合は胃炎と呼ばれます)など、さまざまな形で現れます。さらに、胃腸炎は、症状の期間と重症度に応じて、急性または慢性に分類できます。急性胃腸炎は通常、自然にまたは治療によって解決しますが、慢性胃腸炎は長期間持続するため、継続的な管理が必要です。

急性出血性下痢症候群(AHDS)/出血性胃腸炎(HGE)

出血性胃腸炎(HGE)としても知られる急性出血性下痢症候群(AHDS)は、重篤で生命を脅かす可能性がある犬の胃腸炎です。この症状は、突然始まる血性下痢、嘔吐、脱水症状が特徴です。 AHDS の犬は、合併症を防ぎ、生存の可能性を高めるために、直ちに獣医師の診察と集中治療を必要とします。あなたの犬が AHDS であると疑われる場合は、遅滞なく獣医師の診察を受けることが重要です。

2. 犬の胃腸炎の原因

胃腸炎の一般的な原因

犬の胃腸炎にはさまざまな原因が考えられ、効果的な治療には根本的な要因を特定することが不可欠です。一般的な原因には次のようなものがあります。

  • 感染症:細菌、ウイルス、真菌、または寄生虫の感染は、犬の胃腸炎を引き起こす可能性があります。一般的な原因には、サルモネラ菌、カンピロバクター、パルボウイルス、ジアルジアなどが含まれます。
  • 食事の変更:食事の急激な変更、腐った食べ物や汚染された食べ物の摂取、または非食品の摂取は、胃腸管を刺激し、胃腸炎を引き起こす可能性があります。
  • 薬と毒素: 非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) や家庭用洗剤などの毒素などの特定の薬は、胃腸の不調や炎症を引き起こす可能性があります。
  • アレルギーと食物過敏症:一部の犬は、食物中の特定の成分に対するアレルギーまたは過敏症が原因で胃腸炎を発症することがあります。一般的なアレルゲンには、穀物、牛肉、鶏肉、乳製品などがあります。
  • 胃腸疾患:炎症性腸疾患(IBD)、膵炎、腸閉塞などの胃腸疾患の基礎疾患が胃腸炎の発症に寄与する可能性があります。

根底にある問題とその要因

上記の一般的な原因に加えて、いくつかの根本的な問題や要因によって、犬の胃腸炎に対する感受性が高まる可能性があります。これらには次のものが含まれます。

- 広告 -
  • 免疫力の低下:既存の健康状態にある犬や免疫抑制治療を受けている犬など、免疫力が低下している犬は胃腸炎になりやすいです。
  • ストレスと不安:精神的なストレス、不安、または犬の環境の変化は、犬の消化器系を混乱させ、胃腸の炎症を引き起こす可能性があります。
  • 犬種の素因:ボクサー、ジャーマン・シェパード、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどの特定の犬種は、他の犬種よりも胃腸炎にかかりやすい可能性があります。
  • 年齢と健康状態: 子犬、高齢犬、基礎疾患のある犬は、免疫力が低下し、胃腸障害に対処する能力が低下しているため、胃腸炎にかかりやすくなります。

犬の胃腸炎に関連する根本的な原因と危険因子を理解することは、効果的な診断と管理のために非常に重要です。

3. 胃腸炎の症状を認識する

胃腸炎の兆候と症状

犬の胃腸炎は、重症度や期間が異なるさまざまな症状が特徴です。胃腸炎の最も一般的な兆候は次のとおりです。

  • 嘔吐:胃腸炎を患っている犬は、嘔吐を経験することがよくあります。嘔吐物には胆汁が含まれている場合があり、飲食後に発生する場合もあります。
  • 下痢: 胃腸炎は通常、軟便から水様便までさまざまな下痢を引き起こします。場合によっては、下痢に血や粘液のような外観が現れることがあります。
  • 腹痛:胃腸炎を患っている犬は、胃に触れたときの圧痛や胃部分を扱うのに抵抗があるなど、腹部の不快感の兆候を示すことがあります。
  • 無気力と食欲の低下:胃腸炎により、犬は無気力になり、活動性が低下し、食欲がなくなることがあります。疲れているように見えたり、引っ込み思案になったり、食べ物への関心が低下しているように見える場合があります。
  • 脱水症状:嘔吐や下痢が長引くと、犬が脱水症状を引き起こす可能性があります。脱水症状の兆候には、歯ぐきの乾燥、くぼんだ目、無気力、皮膚の弾力性の低下などがあります。

獣医師の診察を受ける時期

犬の状態を監視し、懸念される症状や全体的な健康状態の突然の低下に気付いた場合は、獣医師の診察を受けることが不可欠です。直ちに獣医師の診察を受ける必要がある状況には、次のようなものがあります。

  • 持続的または重度の嘔吐と下痢
  • 嘔吐物や便に血液が混じっている
  • 無気力、衰弱、または虚脱
  • 腹痛または腹部不快感の兆候
  • 脱水症状または水分を抑えることができない
  • 既存の健康状態または免疫システムの低下

迅速な獣医師の診察は、胃腸炎の根本的な原因を診断し、適切な治療を提供して犬の症状を軽減し、合併症を防ぐのに役立ちます。

4. 犬の胃腸炎の診断

獣医師による評価と身体検査

胃腸炎の疑いで犬を獣医師に連れて行くと、まず徹底的な身体検査を実施し、詳細な病歴を収集します。獣医師は、犬の食事、最近の食生活の変更、潜在的な毒素への曝露、および既存の健康状態について質問します。この情報は、診断プロセスをガイドし、実行する適切なテストを決定するのに役立ちます。

身体検査では、獣医師が犬の全体的な状態を評価し、脱水症状の兆候がないか確認し、腹部の圧痛や異常がないか触診し、体温、心拍数、呼吸数などのバイタルサインを記録します。これらの発見は、胃腸炎の考えられる原因と重症度についての重要な手がかりを提供します。

胃腸炎の診断検査

胃腸炎の診断を確定し、根本的な原因を特定するために、獣医師はさまざまな診断検査を推奨する場合があります。これらのテストには次のものが含まれる場合があります。

  • 糞便分析: 犬の糞便の顕微鏡検査は、寄生虫、細菌、その他の感染性物質の存在を検出するのに役立ちます。
  • 血液検査:全血球計算(CBC)および血清化学パネルは、犬の全体的な健康状態、水分補給状態に関する情報を提供し、胃腸炎の原因となる可能性のある異常を検出できます。
  • 尿検査: 尿検査は、胃腸症状に関連する可能性のある尿路感染症やその他の尿路異常を除外するのに役立ちます。
  • 腹部画像検査: 胃腸管の閉塞、異常な腫瘤、その他の構造的異常の兆候を評価するために、X 線または超音波が推奨される場合があります。
  • 食事療法の試験:場合によっては、獣医師が、食物アレルギーや過敏症が犬の胃腸炎の一因となっているかどうかを評価するために、食事療法の試験を提案することがあります。これには、低アレルギー性または新規プロテイン食を特定の期間与え、症状の改善を監視することが含まれます。

推奨される具体的な診断検査は、犬の臨床症状、病歴、獣医師の状況評価によって異なります。これらの検査は、治療の決定を導き、犬の状態を適切に管理するのに役立ちます。

AHDS と他の原因の区別

血の混じった下痢が存在する場合、急性出血性下痢症候群(AHDS)を胃腸炎の他の潜在的な原因と区別することが重要です。 AHDS は重度で生命を脅かす可能性がある状態であり、直ちに医師の診察が必要です。獣医師は犬の症状を注意深く評価し、診断検査を実施し、他の原因が除外された場合には AHDS の可能性を検討します。 AHDS の犬の予後を改善するには、迅速な診断と介入が不可欠です。

5. 胃腸炎の治療選択肢

急性胃腸炎の治療

犬の急性胃腸炎の治療アプローチは、症状を軽減し、水分補給と電解質のバランスを回復し、根本的な原因に対処することを目的としています。治療には次のような選択肢があります。

  • 輸液療法:脱水症状に対処するために、急性胃腸炎の犬には輸液療法が必要になる場合があります。輸液療法は、脱水症状の重症度に応じて、経口、皮下(皮下)、または静脈内(IV)で投与できます。
  • 薬: 獣医師は、嘔吐を制御し、炎症を軽減し、胃腸症状を軽減するための薬を処方する場合があります。これらには、制吐薬(嘔吐止め薬)、下痢止め薬、胃腸保護薬などが含まれる場合があります。
  • 食事管理: 治療の初期段階では、獣医師が胃腸管を休ませるために短期間食事を控えることを推奨する場合があります。その後、消化性が高く、低脂肪、低繊維の食事を徐々に再開することが処方される場合があります。
  • 抗生物質:細菌感染が疑われるか確認された場合、獣医師は感染と闘い、炎症を軽減するために抗生物質を処方することがあります。

慢性胃腸炎の管理

慢性胃腸炎では、症状をコントロールし、再燃を防ぎ、犬の生活の質を向上させるために継続的な管理が必要です。慢性胃腸炎の治療法には次のような選択肢があります。

  • 食事の修正:獣医師は、犬の特定の食事のニーズに合わせた特別な食事を推奨する場合があります。これには、食物アレルギーに対処するための低アレルギー性の食事や、胃腸の健康をサポートするための消化率を高めた食事が含まれる場合があります。
  • 薬物療法: 慢性胃腸炎では、症状を管理し、炎症を制御するために長期にわたる薬物療法が必要になる場合があります。これらには、免疫抑制薬、抗炎症薬、または排便を調節する薬が含まれる場合があります。
  • プロバイオティクスと消化酵素:犬の食事にプロバイオティクスと消化酵素を補給すると、腸内細菌の健康なバランスが回復し、消化機能が向上する可能性があります。
  • 定期的なモニタリング:慢性胃腸炎の犬は、治療計画の有効性を確認し、必要な調整を行うために、定期的な検査と症状、体重、全身の健康状態のモニタリングが必要な場合があります。

医療上の緊急事態として AHDS に対処する

急性出血性下痢症候群(AHDS)の場合は、直ちに獣医師の介入と入院が必要です。 AHDS の治療には次のようなものがあります。

  • 静脈内輸液: AHDS の犬は、脱水と電解質の不均衡を修正するために積極的な輸液療法を必要とすることがよくあります。
  • 輸血: AHDS の重度の場合、失われた血液を補充し、犬の全身状態を改善するために輸血が必要になる場合があります。
  • 投薬: AHDS の犬には、嘔吐を制御し、炎症を軽減し、支持療法を提供するために投薬が行われる場合があります。
  • 集中的なモニタリング:AHDSの犬は、バイタルサイン、体液バランス、治療に対する反応を綿密にモニタリングする必要があります。これには、可能な限り最善の結果を確保するために、頻繁な血液検査と継続的な評価が必要となる場合があります。

AHDS の犬の生存の可能性を高めるには、迅速な獣医師のケアが非常に重要です。あなたの犬が AHDS であると疑われる場合は、すぐに獣医師に連絡するか、緊急の獣医師の診察を受けてください。

6. 胃腸炎の回復と管理

軽症患者の在宅ケア

入院の必要のない軽度の胃腸炎を患っている犬の場合、回復をサポートするために自宅でできるケアがいくつかあります。

  • 食事と給餌に関しては獣医師の推奨に従ってください。消化性が高く、低脂肪、低繊維の食事を少量ずつ頻繁に提供します。犬の胃腸管をさらに刺激する可能性のあるテーブルの残骸や食べ物を犬に与えないでください。
  • 脱水症状を防ぐために、犬がいつでも新鮮できれいな水にアクセスできるようにしてください。犬が水分補給を続けることができない場合は、獣医師に相談して、別の水分補給オプションについて相談してください。
  • 犬の症状を注意深く監視し、行動や状態の変化に注意してください。症状の悪化に気づいた場合、または予想される期間内に犬の状態が改善しない場合は、獣医師に連絡してください。
  • 犬にとって穏やかでストレスのない環境を作りましょう。潜在的なストレス要因への曝露を最小限に抑え、リラックスして回復できる快適な休憩場所を提供します。
  • 薬の投与に関しては獣医師の指示に従ってください。処方されたとおりに薬を投与し、治療の全過程を完了します。獣医師に相談せずに薬を中止しないでください。

重症者の入院と集中治療

重度の胃腸炎の場合、特に入院が必要な場合、あなたの犬は症状に対処し、状態を安定させるために集中治療とモニタリングを受けます。入院には以下が含まれる場合があります。

  • 静脈内輸液療法:重度の脱水症状がある犬、または水分を抑えることができない犬には、静脈内(IV)輸液療法が必要な場合があります。この方法により、迅速な水分補給が確実に行われ、電解質バランスの回復に役立ちます。
  • 投薬:重度の症状のある犬には、嘔吐を制御し、炎症を軽減し、痛みを和らげるために、静脈内または注射によって薬が投与される場合があります。
  • 栄養サポート:犬が食事をとれない場合、または重度の胃腸機能障害がある場合は、栄養チューブや非経口栄養(静脈栄養)などの栄養サポートが必要になる場合があります。
  • 綿密なモニタリング: 病院内の犬は獣医師チームによって綿密に監視され、バイタルサイン、水分補給状態、治療に対する反応が定期的に評価されます。必要に応じて治療計画の調整が行われます。

入院は、重度の胃腸炎を管理し、犬の回復の可能性を高めるために必要なリソースと専門知識を提供します。

フォローアップケアと栄養サポート

犬の胃腸炎の初期治療と安定化に続いて、継続的なケアとサポートが犬の長期的な健康のために非常に重要になります。これには次のことが関係する可能性があります。

  • 定期的な獣医師の診察: 犬の経過を監視し、治療に対する犬の反応を評価し、管理計画に必要な調整を行うために、獣医師とのフォローアップの予約を入れてください。
  • 栄養管理: 獣医師は、犬の胃腸の健康をサポートするために、特定の食事や栄養補助食品を推奨する場合があります。給餌と食事の変更に関する推奨事項に従ってください。
  • プロバイオティクスと消化酵素:獣医師は、健康な腸内微生物叢を促進し、消化を最適化するために、犬の日常生活にプロバイオティクスと消化酵素を組み込むことを提案するかもしれません。
  • 環境の改善:ストレスを最小限に抑え、胃腸障害のリスクを軽減するために、犬の環境に必要な変化を加えてください。犬が成長できるよう、穏やかで安全、予測可能な環境を提供してください。

慢性胃腸炎を管理し、将来の再発を防ぐには、継続的なケアとサポートが不可欠です。獣医師と定期的にコミュニケーションをとることで、愛犬の健康を維持することができます。

7. 犬の胃腸炎の予防

適切な栄養と食事

犬の胃腸炎を予防するには、バランスのとれた適切な食事が重要です。胃腸の健康を促進するには、次のヒントを考慮してください。

  • 高品質の食事を選ぶ:愛犬特有の栄養ニーズを満たす高品質のドッグフードを選びましょう。消化しやすく、消化器官の健康のために配合され、潜在的なアレルゲンを含まない食事を探してください。
  • 食事の段階的な移行:新しい食事に移行するときは、犬の消化器系が順応できるように、数日間かけて徐々に移行してください。突然の食生活の変更は胃腸の不調を引き起こす可能性があります。
  • テーブルの残りカスや潜在的な毒素を避ける:テーブルの残りカスや犬にとって有毒であることが知られている食べ物を犬に与えないでください。人間の食べ物の多くは犬にとって胃腸障害を引き起こしたり、命を脅かす可能性さえあります。
  • 食物アレルギーと食物過敏症: 愛犬に食物アレルギーや食物過敏症があることがわかっている場合は、獣医師と緊密に協力して問題のある成分を特定し、食事から排除してください。

衛生衛生対策

適切な衛生管理と衛生習慣を維持することは、胃腸感染症を予防し、胃腸炎のリスクを軽減するのに役立ちます。次の対策を検討してください。

  • 餌入れと水入れを清潔にする:犬の餌入れと水入れを熱い石鹸水で定期的に洗い、胃腸の不調の原因となる細菌や残留物を取り除きます。
  • 安全な食品の取り扱い:生の食品を扱うとき、または犬の食事を準備するときは、相互汚染や有害な細菌の蔓延を防ぐために、適切な食品安全手順に従ってください。
  • 排泄物の処理: 犬の排泄物は、責任を持って速やかに拾い上げて処分してください。これは、胃腸感染症を引き起こす可能性のある寄生虫や細菌の蔓延を防ぐのに役立ちます。
  • 清潔な生活環境:寝具、おもちゃ、生活エリアの定期的な掃除など、犬の清潔な生活環境を維持してください。これは、潜在的な病原体への曝露を最小限に抑えるのに役立ちます。

ワクチン接種と予防医療

感染性病原体による胃腸炎を防ぐためには、犬にワクチン接種と予防医療措置を常に最新の状態に保つことが不可欠です。獣医師と緊密に連携して、以下を含む包括的な予防医療計画を作成してください。

  • コアワクチン接種: パルボウイルス、ジステンパー、その他の感染症を防ぐワクチンを含む、推奨されるすべてのコアワクチン接種を犬に確実に受けさせてください。
  • 寄生虫の予防:回虫、鉤虫、ジアルジアなどの腸内寄生虫から犬を守るために、年間を通じた寄生虫予防プログラムに従ってください。定期的な駆虫と予防薬の投与が不可欠です。
  • 定期的な獣医師の診察: 犬の全体的な健康状態を監視し、懸念事項があればすぐに対処し、適切な予防ケアを受けるために、獣医師による定期的な健康診断を計画しましょう。

適切な栄養、衛生習慣、予防医療対策を実施することで、犬の胃腸炎のリスクを大幅に軽減し、犬の全体的な健康を促進することができます。

8. 犬の胃腸炎に関するよくある質問

胃腸炎の在宅治療

軽度の胃腸炎の場合は自宅で管理できる場合もありますが、自宅での治療を試みる前に獣医師に相談することが重要です。獣医師は、犬の状態と病歴に基づいて具体的な推奨事項を提供します。在宅ケア対策には、食事の修正、水分療法、支持療法などが含まれる場合があります。ただし、犬の状態を注意深く監視し、状態が悪化したり改善しない場合は獣医師の診察を受けることが重要です。

伝染病と人獣共通感染症の可能性

細菌感染など、犬の胃腸炎の原因の中には人間に伝染するものもあります。犬の排泄物を処理したり、胃腸炎の発症中に犬と触れ合ったりするときは、適切な衛生管理を実践することが重要です。犬の後始末をした後は手をよく洗い、嘔吐物や下痢に直接触れないようにしてください。犬との接触後に胃腸の症状が現れた場合は、医師の診察を受け、暴露の可能性について医療提供者に知らせてください。

予後と長期的な見通し

犬の胃腸炎の予後は、根本的な原因、症状の重症度、介入の適時性によって異なります。多くの場合、適切な治療と管理を行えば、犬は胃腸炎から完全に回復します。ただし、慢性胃腸炎では継続的なケアとモニタリングが必要な場合があります。獣医師と緊密に連携して、犬の生活の質を最適化し、将来の再発のリスクを最小限に抑える長期管理計画を立てることが重要です。

9. 結論

胃腸炎は犬によく見られる病気であり、多くの場合は管理可能です。原因を理解し、症状を認識し、速やかに獣医師の診察を受け、適切な治療と予防措置を講じることで、胃腸炎を効果的に管理し、犬の健康状態全体を改善することができます。犬が回復するまでの過程を通じて、個別の指導とサポートが得られるよう、必ず獣医師に相談してください。適切なケアと注意を払えば、あなたの毛皮で覆われた友人が胃腸炎を克服し、健康で幸せな生活を楽しむことができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

散歩後に犬の体にダニがついていないか確認する方法

犬のダニはどのように見えますか?犬の飼い主として、散歩のたびに毛皮で覆われた友人にダニがいないかチェックすることが不可欠です。マダニは動物の血液を吸って生きる外部寄生虫で、犬にいくつかの病気を伝染させる可能性があります。

犬のフィラリア症について知っておくべきことすべて

犬のフィラリア症は、犬、猫、フェレットなどのペットに影響を与える重篤で死に至る可能性のある病気です。これは、感染した動物の心臓、肺、および関連する血管に寄生するフィラリアと呼ばれる足長の虫によって引き起こされます。

犬の必要カロリーを計算する方法: 包括的なガイド

ペットの飼い主として、毛皮で覆われた友人にバランスの取れた食事を提供し、健康的な体重と全体的な健康状態を維持するために適切な量のカロリーを確実に摂取できるようにすることが重要です。

- 広告 -

今すぐ読む

犬の消化器の健康に対する乳酸菌の重要性

犬にも乳酸菌は良いのでしょうか?犬の全体的な健康と幸福を維持することに関しては、消化器の健康に注意を払うことが非常に重要です。人間と同じように、犬も消化器系の問題を経験し、生活の質全体に影響を与える可能性があります。

子犬の成長痛: 成長の痛みを伴う旅を理解する

成長痛、または全骨炎は、子犬の足の長骨に影響を及ぼす症状です。生後2歳未満の大型犬に多く見られます。

子犬にごめんなさいと謝る方法:信頼を築き絆を強化するためのガイド

犬に「ごめんなさい」と謝るにはどうすればいいでしょうか?ペットの親として、私たちは毛皮で覆われた友人のために愛情と調和のとれた環境を作り出すよう努めています。しかし、衝突や偶発的な事故が起こり、子犬との関係が緊張してしまうこともあります。

犬のためのベビーカー選びの究極ガイド

最高の犬用ベビーカーをお探しですか?あなたの愛するペットに最適な犬用ベビーカーを選ぶ際に留意すべき主な考慮事項と機能を探っていきます。

犬はなぜ尻尾を振るのか: 犬のコミュニケーションを解読する

あなたの犬は尻尾を振っていますか?犬は尻尾を振ることでいつも私たちの心を捉えてきました。それは幸福と親しみやすさの普遍的な象徴であると私たちは信じています。しかし実のところ、尻尾を振るのは必ずしも犬の気分を表しているわけではありません。

犬の献血:人類の親友の命を救う行為

犬の血液バンクの設立は、獣医学の分野では比較的最近の出来事です。以前は、患者が輸血を必要とする場合、獣医師は自分の犬、または同僚や顧客の犬に頼らなければなりませんでした。

犬の髄膜炎について知っておくべきこと

髄膜炎は犬の脳と脊髄を取り囲む膜に影響を与えます。犬の髄膜炎のさまざまな種類、兆候、原因、診断、治療、予後について調べていきます。

犬の皮膚病の原因と治療法

犬の皮膚病は、多くのペットの飼い主が対処しなければならない一般的な問題です。犬も人間と同じように、不快感や苦痛を引き起こす可能性のあるさまざまな皮膚症状を経験することがあります。

犬のための健康的な夏の食べ物10選:あなたの犬のパートナーを涼しく栄養を与えてください

夏は太陽の下で楽しむ季節であり、気温が上昇すると、誰もがさわやかでおいしいおやつを欲しがります。しかし、あなたのパートナーである犬にとって、どのような夏の食べ物が安全で健康的であるか考えたことはありますか?

子犬用トイレパッドの究極ガイド: トイレトレーニングのための完全なソリューション

生まれたばかりの子犬のトイレトレーニングは、犬の飼い主にとっても困難な作業となる可能性があります。この小さな毛玉は愛らしいですが、まだ膀胱制御の技術を完全に習得していません。

車で旅行する際の犬の乗り物酔いを防ぐ方法

犬の乗り物酔いはどれくらい続きますか?犬の乗り物酔いは、車で旅行する際によく見られる厄介な問題です。人間と同じように、犬も移動中の乗り物に乗っていると吐き気、嘔吐、不快感を経験することがあります。

犬耳酵母感染症の予防と治療: 包括的なガイド

犬の耳酵母感染症の予防と治療について知っておくべきことをすべて詳しく掘り下げていきます。症状と原因の特定から、最適な治療法についての議論まで。