ホーム健康犬の胃がん:症状、...

犬の胃がん:症状、治療、予後

無料購読

犬の胃がんは、早期に発見して治療しなければ重大な結果を招く可能性がある悲惨な病気です。他の種類の犬のがんほど一般的ではありませんが、特に悪性度が高く、進行した段階に達するまで気づかれないことがよくあります。この記事では、犬の胃がんの症状、治療法、予後について詳しく説明します。

犬の胃がん

犬の胃がんを理解する

胃がんとしても知られる胃がんは、胃の内壁や周囲の筋肉で細胞の異常な増殖や複製の調節不全が起こると発生します。これらの腫瘍は良性 (非癌性) または悪性 (癌性) のいずれかです。悪性腫瘍は侵襲性があり、体の他の部分に広がる可能性があり、より危険です。

犬の胃がんの危険因子

犬の胃がんの正確な原因は不明ですが、いくつかの危険因子が特定されています。年齢、性別、品種がこの病気の発症に関与することが知られています。胃腫瘍は高齢の犬、特に9歳前後の雄犬に多く見られます。ラフ・コリー、スタッフォードシャー・ブル・テリア、ベルジアン・シェパード・ドッグ、チャウチャウなどの特定の品種も、胃がんを発症するリスクが高いと考えられています。

犬の胃腫瘍の種類

犬の胃にはいくつかの異なる種類の腫瘍が発生します。最も一般的な悪性腫瘍は胃腺癌で、これは内臓の内層に発生し、消化管のさまざまな部分に浸潤する可能性があります。その他のあまり一般的ではない悪性腫瘍には、胃や腸の内側を覆う筋肉に形成される平滑筋肉腫や、リンパ球として知られる免疫系細胞で発生するリンパ腫などがあります。

犬の胃の良性腫瘍はあまり診断されませんが、成長し続けると胃の機能を妨げる可能性があります。肥満細胞腫瘍は、胃を含むさまざまな臓器や組織で発生する可能性があり、通常は良性であり、手術で簡単に治療できます。ただし、場合によっては、より攻撃的になり、体の他の部分に広がる可能性があります。

胃がんの症状を認識する

症状は数週間または数か月かけて徐々に進行することが多いため、犬の胃がんを検出することは困難な場合があります。最も一般的な症状は嘔吐であり、病気が進行すると、血液が混じったり、コーヒーかすに似たりすることがあります。他に注意すべき兆候には、よだれ、活動性の低下、食欲の低下、体重減少、腹痛などがあります。

- 広告 -

犬は必ずしも明らかな痛みの兆候を示すとは限らないため、活動性や社交性の低下、触られたときに鳴いたりうなり声を上げたり、呼吸数が増加したり、過度に舐めたり引っ掻いたりするなどの行動の変化を注意深く観察することが重要です。 。

犬の胃がんの診断

犬の胃がんを診断するには、獣医師による徹底的な検査が必要であり、さまざまな診断手順が必要となる場合があります。身体検査と犬の病歴の検討により、貴重な洞察が得られます。 X線写真や超音波などの画像診断は、腫瘍を視覚化し、その広がりを評価するために使用される場合があります。

内視鏡検査は、カメラを備えた柔軟なチューブを胃に挿入する手順であり、腫瘍の視覚化と生検サンプルの取得に役立ちます。生検は、診断を確認し、腫瘍の種類を決定するために非常に重要です。犬の全体的な健康状態を評価し、他の臓器へのがんの転移を特定するために、血液検査や尿検査などの追加検査が行われる場合があります。

胃がんの治療選択肢

犬の胃がんの治療選択肢は、腫瘍の種類と範囲によって異なります。胃がんに関連する腫瘍を除去するための主な治療法として、手術が推奨されることがよくあります。手術中、胃の患部が、必要に応じて隣接する組織とともに切除されます。場合によっては、小腸の一部を切除し、外科的に再接続することもあります。

化学療法は別の治療選択肢であり、手術と併用したり、腫瘍が体の他の部分に広がっている場合の主要治療として使用したりできます。化学療法では、がん細胞を殺し、がん細胞のさらなる増殖を防ぐために、通常は静脈注射による薬物投与が行われます。特に外科的に除去できない局所的な腫瘍に対しては、放射線療法も使用される場合があります。

予後と平均余命

胃がんは進行した段階で発見されることが多いため、胃がんと診断された犬の予後は一般に不良です。最も一般的な腫瘍である胃腺癌は、体の他の部分に転移する傾向があり、生存期間の中央値は 6 か月未満になります。胃平滑筋肉腫の犬は、腫瘍が早期に発見され、手術によって完全に除去できれば予後が良好になる可能性があります。胃がんを患った犬の平均余命は、個々の症例と選択した治療の有効性によって異なります。

リスクの軽減と早期発見

犬の胃がんを完全に防ぐことはできないかもしれませんが、リスクを軽減するために講じることができる対策はいくつかあります。特定の食品に含まれる化学物質の一種であるニトロソアミンへの長期曝露を避けることは、胃がんの発生の可能性を最小限に抑えるのに役立ちます。定期的な獣医師の診察やスクリーニングも、潜在的な腫瘍の早期発見に役立ちます。

犬の胃がんの予後を改善するには、早期発見が鍵となります。一般的な症状を認識し、犬の行動と食欲を定期的に監視することは、異常を特定するのに役立ちます。気になる兆候に気付いた場合は、すぐに獣医師に相談し、徹底的な評価と診断を受けることが重要です。

結論

犬の胃がんは、早期に発見して治療しなければ重大な結果を招く可能性がある悲惨な病気です。症状、危険因子、利用可能な治療オプションを理解することは、毛皮で覆われたペットに可能な限り最善のケアを提供するために非常に重要です。定期的な獣医師の診察と積極的なモニタリングは、胃がんの兆候を早期に発見するのに役立ち、治療が成功する可能性が高まり、愛するペットの生活の質が向上します。

獣医師は、プロセス全体を通じて指導とサポートを提供する最良のリソースであることを忘れないでください。協力することで、情報に基づいた決定を下し、犬に可能な限り最善のケアを提供することができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬が排便中に飼い主を見るのはなぜですか?

犬は、私たちを戸惑わせることもある独特の行動を持つ魅力的な生き物です。そのような行動の 1 つは、犬が排便中に飼い主を見つめる傾向です。

なぜ私の犬はこんなによだれを垂らすのでしょうか?

よだれを垂らすのは多くの犬にとって正常な行動ですが、過剰なよだれは…

犬は栄養価の高いほうれん草を食事への追加として安全に摂取できますか?

ほうれん草は、適度に与え、正しく調理すれば、犬の食事に栄養価の高い追加物となります。それは、全体的な健康に貢献できるビタミン、ミネラル、抗酸化物質を提供します。

- 広告 -

今すぐ読む

ロードトリップの必需品: 車の中で愛犬を安全に保つ

毛皮で覆われた親友と一緒にロードトリップに行くのはエキサイティングな経験かもしれませんが、車に乗っている間は愛犬の安全を確保することが重要です。

最高の犬用カーシート: 毛むくじゃらの友達に快適さと安全を確保

犬用カーシートを選ぶ理由?愛情深いペットの飼い主として、たとえ車で旅行するときでも、毛皮で覆われた友人の快適さと安全を確保したいと考えています。そこで犬用カーシートが活躍します。

犬の尿失禁の原因と症状

犬の尿失禁は犬によく見られる病状で、不随意に膀胱制御が失われることを特徴とします。時々起こる少量の尿漏れから大量の尿漏れまで、重症度はさまざまです。

犬はバナナを食べても大丈夫ですか?犬の飼い主のための総合ガイド

犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人においしいバナナを分けてあげても安全なのか疑問に思ったことがあるかもしれません。

犬に自信を持って歩けるように訓練する方法: 包括的なガイド

犬の散歩はあなたにとっても、毛皮で覆われた相棒にとっても楽しい経験になるはずです。リードのトレーニングは、犬の安全を確保し、楽しい散歩をするために不可欠なスキルです。

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫ですか?

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫でしょうか?おやつとしてプルーンを数個食べたくなったことがあるなら、毛皮で覆われた友人とプルーンを分け合っても安全かどうか疑問に思ったことがあるかもしれません。

犬用の鳴くおもちゃの魅力

犬はおもちゃが大好きなことで知られており、甲高い音で鳴るおもちゃほど犬の注意を引くものはありません。キーキーという音は、犬の興味を即座に引き起こし、獲物への欲求を活性化します。しかし、この騒がしいおもちゃの魅力はいったい何なのでしょうか...

犬はキウイを食べても大丈夫?包括的なガイド

犬がキウイを食べても大丈夫かどうか疑問に思っているペットの飼い主は、あなただけではありません。キウイは、鮮やかな緑色と甘酸っぱい味わいで人気のフルーツです。犬の飼い主として、私たちは毛むくじゃらの友達と好きな食べ物を共有したいと思うことがよくありますが、それは非常に重要です...

犬用ハーネスの正しい付け方と着用方法: 究極ガイド

あなたが誇り高い犬の飼い主であれば、適切にフィットした犬用ハーネスの重要性をご存知でしょう。ハーネスは首輪よりも優れた制御性と安全性を提供するだけでなく、散歩やその他の活動中に毛皮で覆われた友人の快適さと安全性を確保します。しかし、犬用ハーネスを付けるのは…

犬用エッセンシャルオイル:安全で効果的な使用のためのガイド

ペットの飼い主として、私たちは常に毛皮で覆われた友人たちにとって最善のものを望んでいます。健康や幸福に関しては、私たちの多くはエッセンシャルオイルなどの自然療法に注目しています。

犬の新生児に対する愛情は執着なのか保護なのか?

新しく赤ちゃんが家族に加わることは、愛犬も含めて誰にとっても心躍る瞬間です。犬は生まれたばかりの赤ちゃんと強い絆を形成することが多く、愛情深くもあり、心配になるような行動を示します。

犬がお腹を撫でるのが好きな理由: 犬の愛情の背後にある科学

犬はお腹を撫でることに特別な親和性を持っており、それはペットと飼い主の両方に喜びをもたらす行動です。しかし、なぜ犬がお腹を撫でるのがそんなに好きなのか疑問に思ったことはありますか?