ホーム健康赤色の原因...

犬の目が赤くなる原因:よくある原因を理解する

無料購読

犬も目の病気にかからないわけではありません。愛犬の目が赤くなっていたり腫れていたりすることに気づいたら、考えられる原因を理解することが重要です。犬の目の赤みは、炎症、アレルギー、怪我、基礎疾患など、さまざまな要因が原因と考えられます。自宅で簡単に対処できる原因もありますが、専門的な医療処置が必要な原因もあります。この総合ガイドでは、犬の目の赤みの一般的な原因、症状、治療法、予防策について詳しく説明します。

YouTube ビデオ

犬の目が赤くなる原因を理解する

犬の目が赤くなると心配になりますが、適切なケアを行うには根本的な原因を特定することが重要です。犬の目が赤くなる最も一般的な要因は次のとおりです。

1. 眼の損傷または外傷

人間と同じように、犬も目の怪我や外傷を負うことがあります。土、枝、遊び仲間による偶発的な引っかき傷などの異物は目を刺激し、赤みを引き起こす可能性があります。赤み、涙の過剰分泌、目に見える異物、患部の目を掻いたり引っかいたりする回数の増加などの症状がないか、犬を注意深く観察することが重要です。

処理:

  • ペットに安全な洗眼液または生理食塩水で犬の目を洗い流してください。
  • 目に見える異物がないか、光の下で目を注意深く検査してください。
  • 犬がさらに目をひっかくのを防ぐために、一時的な電子首輪を使用してください。

2. アレルギー

犬は、目の赤みや腫れを引き起こすアレルギーに悩まされることもあります。花粉などの環境アレルゲンや食物アレルギーは、目の炎症を引き起こす可能性があります。犬がかゆみ、不快感、過度の涙、目の周りの赤みなどの症状を示している場合は、アレルギーが原因である可能性があります。

処理:

- 広告 -
  • 犬の餌入れと寝具を清潔に保ってください。
  • 屋外での冒険の後は、アレルギーに優しいシャンプーで犬を洗ってください。
  • アレルギー検査や、薬や食事による解決策の可能性については、獣医師に相談してください。

3. 結膜炎

結膜炎は、一般的に「ピンクアイ」または「赤目」として知られ、目の内側の組織の炎症です。アレルギー、怪我、または 感染症結膜炎は片目または両目に影響を及ぼす可能性があり、一般的な症状としては、過度の瞬きや目を細める、目の周りの赤みや腫れ、粘着性、黄色、または緑色の分泌物などがあります。

処理:

  • 人工涙液を塗って目を潤します。
  • 腫れを抑えるために冷湿布を使用してください。
  • 獣医師の許可があれば、市販の抗ヒスタミン薬を服用することで症状を緩和することができます。
  • 細菌性結膜炎には抗生物質の点眼薬または軟膏が処方されることがあります。

4. 緑内障

緑内障は、眼圧の上昇を特徴とする深刻な病気で、治療せずに放置すると失明につながる可能性があります。あらゆる年齢や品種の犬に発症する可能性があります。眼球の物理的な腫れ、異常な分泌物、目のかすみ、痛みは、緑内障の一般的な兆候です。

処理:

  • 鎮痛剤を服用すると痛みが和らぎます。
  • 眼圧を下げるために緊急点眼薬が投与されることがあります。
  • 重症の場合は手術が必要になる場合があります。
  • 薬物療法は長期的に症状を管理するのに役立ちます。

5. ドライアイ症候群(乾性角結膜炎)

ドライアイ症候群は、犬の涙管が十分な涙を生成せず、目の乾燥や炎症を引き起こす場合に発生します。この症状は、怪我や根本的な免疫系の問題によって引き起こされる可能性があります。症状には、目の充血、炎症、粘液や目やにの存在などがあります。

処理:

  • 人工涙液は目を潤すのに役立ちます。
  • 感染症を予防または治療するために抗生物質の点眼薬が処方されることがあります。
  • 免疫抑制薬は、根本的な免疫系の問題を管理するのに役立ちます。

6. ぶどう膜炎

ぶどう膜炎は、虹彩、毛様体、脈絡膜からなる眼のぶどう膜の痛みを伴う炎症です。感染や外傷などの根本的な原因から生じる二次的な症状であることが多いです。ぶどう膜炎の症状には、眼の激しい赤み、濁り、激しい痛み、瞳孔の収縮などがあります。

処理:

  • コルチコステロイドや抗炎症点眼薬/軟膏などの局所用眼科薬は、炎症を軽減するのに役立ちます。
  • 鎮痛薬が処方されることがあります。
  • ぶどう膜炎を引き起こす異物は獣医師によって除去される必要があります。

7. 角膜擦過傷または角膜潰瘍

角膜擦過傷または角膜潰瘍は、目の前面の透明な部分である角膜の表面の傷です。外傷や未治療のドライアイが原因で発生することがあります。角膜擦過傷または角膜潰瘍の症状には、過度のこすり、目を細める、目やにが出るなどがあります。

処理:

  • 抗生物質の点眼薬や軟膏は感染を防ぐことができます。
  • 快適さのために処方鎮痛剤が必要になる場合があります。

8. 犬種による素因

特定の犬種は、目の問題や充血を起こしやすい傾向があります。ブルドッグ、シーズー、パグなどの短頭種、およびブラッドハウンドやニューファンドランドなどの皮膚がたるんで垂れ下がっている犬種は、より影響を受けやすい可能性があります。プードル、マルチーズ、シープドッグなど、顔の周りに長い毛がある犬種も、赤目になる頻度が高い可能性があります。

処理:

  • 定期的に目の健康チェックを実施し、刺激の兆候を監視してください。
  • 目の周りの毛は整えて清潔に保ちましょう。
  • 点眼薬や軟膏の使用を含め、獣医師の推奨に従ってください。

獣医師の診察を受ける時期

犬の目の充血は自宅で対処できる場合もありますが、すぐに獣医の診察が必要な場合もあります。以下の場合には獣医に相談することが重要です。

  • 自宅での治療にもかかわらず、赤みが残っています。
  • あなたの犬はひどい痛みや不快感を感じています。
  • 過度の裂傷、分泌物、または腫れがある。
  • 犬の行動に変化が見られます。例えば、足をひっかいたり、目を掻いたりする回数が増えたりします。

獣医師の診察を受けると、次のような徹底的な検査が行われます。

  • 眼科検査: 特殊なツールを使用して眼の構造を総合的に評価します。
  • シルマー涙液検査: 涙液の生成量を測定して、目が十分に潤っているかどうかを判断します。
  • 内圧検査:眼圧計を使用して眼圧を評価します。
  • フルオレセイン染色検査: 染料を使用して角膜の傷や潰瘍を検出します。
  • 血液検査: 目に影響を与える可能性のある根本的な医学的問題または病気を特定します。

治療は具体的な診断内容に応じて異なり、獣医師は適切な薬を処方したり、必要に応じてさらに専門的な治療を勧めたりします。

犬の目の健康を維持する

犬の目の問題をすべて完全に予防することはできませんが、目の健康を促進し、赤目になるリスクを最小限に抑えるために実行できる手順はあります。考慮すべき予防策をいくつか紹介します。

  1. 目の周りの毛をトリミングする: 長毛種の場合は、刺激を防ぎ、異物が挟まる可能性を減らすために、定期的に目の周りの毛をトリミングしてください。
  2. 目の分泌物を拭き取る: 湿らせた柔らかい布またはアイワイプを使用して、犬の目の周りの分泌物を優しく拭き取ります。眼球に触れないように注意してください。
  3. 目をこすったり掻いたりする行動を監視します。ときどき目をこすったり掻いたりするのは正常ですが、過度または持続的に目をこすっている場合は、根本的な問題が示唆される可能性があります。異常な行動に気付いた場合は、さらに詳しく調査してください。
  4. 車に乗るときに目を保護する: 犬が頭を突き出さないように車の窓を十分に閉めて、目の怪我を予防します。安全性を高めるために、ドッグルと呼ばれる保護眼鏡の使用を検討してください。
  5. 定期的な獣医検査: 獣医師による定期的な検査をスケジュールしてください。獣医師は犬の目の健康状態を監視し、問題を早期に発見することができます。

これらの予防措置に従い、犬の目の変化に注意を払うことで、犬の目の健康を維持し、問題が深刻化する前に発見することができます。

結論として、犬の目の充血は、軽度の炎症からより深刻な基礎疾患まで、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。犬の症状を注意深く観察し、必要に応じて獣医の診察を受けることが重要です。目の充血の一般的な原因を理解し、予防策を講じることで、犬の目の健康と全体的な健康を確保することができます。

覚えておいてください、あなたの犬の目の問題を診断し、治療するための最良のリソースは獣医師です。獣医師はあなたの犬の特定のニーズに合わせた個別の指導を提供し、あなたの愛する毛皮の友達に可能な限り最高のケアを提供します。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

自宅でパルボを治療する方法: 犬の飼い主のための包括的なガイド

パルボウイルスは、主に子犬に影響を及ぼす伝染性の高いウイルス感染症です。これは、適切に治療しなければ重篤な症状を引き起こし、場合によっては死に至る、壊滅的な病気になる可能性があります。

愛犬の水分補給: 犬の脱水症状の予防と管理

脱水症状は、私たちの愛犬にとって深刻な健康問題です。

あなたの毛皮で覆われた友人に適切な栄養と最高のドッグフードを選ぶ

最高のドッグフードをお探しですか?適切なドッグフードは、より良い消化と吸収を保証するだけでなく、犬の全体的な健康と幸福にも貢献します。

- 広告 -

今すぐ読む

犬の嚢胞の理解と管理: 包括的なガイド

犬に発生する可能性のある他の種類の腫瘍と嚢胞を区別することが重要です。嚢胞と間違われることが多い一般的な腫瘍の 1 つは、良性の脂肪腫瘍である脂肪腫です。

犬は安全に刺身を食べても大丈夫?責任あるペットの飼い主のためのガイド

毛皮で覆われた相棒とお気に入りの食べ物を共有したいと思うのは自然なことです。生の魚を繊細にスライスした刺身は、犬に与えてみたい誘惑的なおやつのように思えるかもしれません。

犬の蚊に刺された時のケア方法

蚊は人間にとって迷惑なだけではありません。犬にとっても迷惑な場合があります。愛犬が体を引っ掻いたり、不快感を示していることに気付いた場合は、蚊に刺されている可能性があります。

シニア犬の体重を増やして健康を維持するためのヒント

愛犬が年齢を重ねるにつれて、体や食欲に変化が現れるのは自然なことです。シニア犬の体重減少は、根本的な健康上の問題を示している可能性があるため、懸念の原因となることがあります。

入浴後に犬を暖かく快適に保つための優しい方法

愛犬のお風呂はグルーミングの一環として欠かせません。しかし、犬がお風呂の後に震えることは珍しいことではなく、ペットの飼い主は毛皮で覆われた友人の健康状態を心配しています。

犬の下痢を理解する:原因、症状、治療

下痢は、通常よりも頻繁に起こる軟便、水様便を特徴とする症状です。それは、突然発生して短期間持続する急性の場合もあれば、長期間持続する慢性の場合もあります。

便利な食事時間に最適な犬用自動給餌器

一貫したスケジュールで犬に食事を与えることが重要です。しかし、忙しいライフスタイルのせいで、いつも食事の時間にそこにいることができない場合はどうすればよいでしょうか?そこで便利なのが自動給餌器です。

快適で安全な旅行を実現する、最高の犬用スリングキャリア

犬と一緒に旅行するのは素晴らしい経験ですが、犬の快適さと安全を確保することが重要です。だからこそ、高品質の犬用スリングキャリアへの投資が不可欠です。

犬の皮膚が黒くなるのはなぜですか?犬の色素沈着過剰を理解する

ペットの飼い主として、犬の健康と幸福を注意深く監視することが重要です。起こり得る一般的な懸念の 1 つは、愛犬の皮膚の色の変化に気づいたときです。

犬はアワビを食べても大丈夫ですか?毛皮で覆われた友人に餌を与えるためのガイド

犬がアワビを食べても大丈夫なのかという疑問も浮上します。アワビは多くの人間に好まれている人気のシーフード珍味ですが、安全であり、私たちの仲間である犬にとって適しているのでしょうか?

犬はベーコンを食べても大丈夫?魅惑的な御馳走の背後にある真実

ベーコンは、食欲をそそるカリカリで香ばしい味わいです。犬が熱々のベーコンのおいしい香りに惹かれるのも不思議ではありません。しかし、毛皮で覆われた友人たちを贅沢にしたいと思うかもしれませんが、彼らの健康と...

なぜ犬は前足で飼い主を叩くのでしょうか?

犬が前足であなたをたたきますか?犬が前足で飼い主を叩く理由を掘り下げ、犬が伝えようとしているさまざまなメッセージを解読していきます。