ホーム健康犬の献血:A...

犬の献血:人類の親友の命を救う行為

無料購読

獣医学の分野では、医療処置や手術の進歩により、伴侶動物のケアの質が大幅に向上しました。救急医療や内科から救命救急、腫瘍学、整形外科や軟部組織の外科に至るまで、これらのイノベーションは私たちの最愛のペットの寿命を延ばし、向上させてきました。犬の輸血需要が高まるにつれ、犬の献血の重要性がかつてないほど重要になっています。この包括的なガイドでは、犬の献血の重要性、適格なドナーの要件、献血のプロセス、ペットと飼い主の両方にもたらすメリットについて説明します。

犬の献血

犬の血液銀行の登場

の設立 犬の血液バンク 獣医学の分野では比較的最近の発展です。以前は、患者が輸血を必要とする場合、獣医師は自分の犬、または同僚や顧客の犬に頼らなければなりませんでした。しかし、犬の血液と血液製剤のニーズが高まっているため、メリーランド州、フロリダ州、ミシガン州、テキサス州、コロラド州、カリフォルニア州、ジョージア州、ペンシルベニア州を含む米国全土でいくつかの地域プログラムや血液銀行が創設されています。

カリフォルニアのヘモペットのような一部の犬の血液銀行は、施設内の犬舎に常駐の犬のドナーを収容している。これらの居住者ドナーには、引退したレース用グレイハウンドや、安楽死させられていたであろう地元の保護施設からの犬が含まれることがよくあります。ペンシルベニア大学のペン動物血液銀行 (PABB) などの他の血液銀行は、動物病院や犬クラブからの献血にブラッドモービルを利用しています。

犬の献血者の要件

犬の献血者の安全性と適合性を確保するには、特定の基準を満たす必要があります。さまざまなサイズや品種の犬がドナーになることができますが、どのドナー プログラムに参加する資格があるかを決定する際に体重が重要な役割を果たします。犬の標準的な献血量は、血液約 1 パイント (450 ml に相当) です。適格なドナーは、穏やかで友好的で従順な行動を示すだけでなく、見知らぬ人に対しても寛容で、飼い主が立ち会っていなくても協力的で、身体的な扱いや検査に慣れていなければなりません。

さらに、ドナーは全体的な健康状態が良好で、ジステンパー、パルボウイルス、パラインフルエンザ、肝炎、狂犬病などの予防接種を最新の状態に受けている必要があります。輸血歴のある犬や、心雑音などの心臓疾患のある犬は寄付することができません。メス犬の場合は、妊娠歴がないことなど、特定の要件を満たす必要がある場合もあります。年齢と体重の要件はプログラムによって若干異なる場合がありますが、通常は 1 歳から 9 歳、体重が 35 ポンドから 50 ポンドで、過体重でないことが条件となります。

犬の献血プロセス

犬の献血のプロセスは比較的シンプルで痛みはありません。通常、完了までに 15 ~ 30 分かかります。犬を快適な寝具の上にそっと横向きに寝かせ、頸静脈の周囲を清潔にして準備を整える間、安心させます。領域が滅菌されると、血液が針を通して滅菌採取セットに採取されます。寄付後、犬には腹部をさすったり、おやつを与えたり、失われた血液量を補充するために点滴を与えたりすることもあります。感謝のしるしとして、バンダナ、IDタグ、首輪、おもちゃを受け取ることもあります。

- 広告 -

血液成分分離の重要性

採取された血液は、遠心分離機で回転処理され、さまざまな成分に分離されます。犬の血液は、白血球、赤血球、血小板、血漿で構成されています。赤血球輸血は、貧血、癌関連の失血、および体内の赤血球の産生が損なわれた状態の治療に一般的に使用されます。抗凝固剤とタンパク質が豊富な血漿は、内出血、パルボ、遺伝性出血性疾患、血友病の治療に利用されます。

犬の血液型を理解する

人間と同じように、犬にもさまざまな血液型またはグループがあります。ただし、血液型の代わりに「グループ」と呼ばれることが一般的です。犬には十数種類の異なる血液型があり、そのうち 6 つはかなり一般的です。潜在的な副作用を避けるために、輸血前に犬の血液型を調べることが重要です。犬の約 40% はユニバーサルドナーグループに属しており、犬の血液はどのレシピエントの血液とも適合することを意味します。ユニバーサル血液型を持つ犬は、適合性があり副作用のリスクが少ないため、理想的なドナーとなります。

飼い主にとっての犬の献血のメリット

ペットを献血プログラムに登録するという決定は、飼い主に多くのメリットをもたらします。愛犬の献血が他の犬の命を救うことができるという個人的な満足とは別に、飼い主は目に見える報酬を受け取ることがよくあります。献血プログラムに参加すると、予防治療の費用を節約したり、将来の獣医療費の償還につながる可能性があります。さらに、提供プロセス中に提供される広範な血液検査と型分けにより、ドナーペットに関する貴重な医療情報が得られ、緊急事態において重要となる可能性があります。血液銀行によっては、ドナーや家庭内の他のペットに無料の餌、獣医療サービス、生涯輸血を提供しているところもあります。

寄付資格と寄付後の回復

寄付プロセス後、犬は針の部位の腫れ、打撲傷、バリカンによる火傷などの軽度の副作用を経験する可能性があります。まれに、下痢、嘔吐、または低血圧を示すこともあります。ただし、これらの副作用はまれであり、すべてのペットは健康状態を確保するために寄付プロセス全体を通じて継続的に監視されます。ほとんどの犬は 4 週間ごとに安全に寄付できますが、一部のプログラムでは寄付の間隔は最低 8 週間とすることを推奨しています。一方、猫の献血者は、次の献血まで少なくとも 10 週間空けることをお勧めします。寄付後の回復はペットごとに異なるため、少なくとも 24 時間は活動を制限することをお勧めします。猫には皮下または静脈内に液体が投与され、猫も犬もすぐに通常の給餌と飲水の習慣に戻ることができます。

犬の血液銀行を探す

ペットを献血者として登録することに興味がある場合は、評判の良い犬の血液銀行を見つけることが不可欠です。 AKC Canine Health Foundation は特定の血液銀行を支持したり、提携したりすることはありませんが、お住まいの地域で簡単に検索すると、評判の良い選択肢のリストが見つかる可能性があります。著名な血液銀行には、アゲートベイ動物病院血液銀行、ブルーリッジ獣医血液銀行、中央アイオワ犬血液銀行、ダヴルイス動物病院、ヘモペット、ヘモソリューションズ、ライフストリーム動物血液銀行、ノースカロライナ州立大学小動物血液銀行、オークランド獣医紹介などがあります。サービス、オーチャード パーク獣医医療センター、ペン動物血液バンク、シルバニア獣医血液バンク、ミネソタ大学献血プログラム。

結論

犬の献血は、必要としている犬に安全で豊富な血液を提供する、命を救う行為です。地域の血液銀行の設立とボランティアのドナーの寛大な寄付により、犬の輸血需要に効果的に応えることができます。対象となる犬が適切なケア、検査、定期的な寄付を受けられるようにすることで、私たちは獣医療の質を向上させ続け、愛するペットにより健康で幸せな生活を送るチャンスを与えることができます。ペットを献血者として登録することを検討している場合は、地元の獣医師、獣医学校、または救急動物診療所に問い合わせて、どのように変化をもたらすことができるかについての詳細を確認してください。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬は生姜を食べても大丈夫?犬用生姜の完全ガイド

生姜は独特の香りと風味で知られる人気のスパイスです。抗炎症作用や抗酸化作用などの治療効果があるため、何世紀にもわたって使用されてきました。

犬にとってブドウの危険性:総合ガイド

ブドウが犬にとって有毒である正確な理由はまだ完全には理解されていません。ブドウ毒性の原因については、ブドウ中のマイコトキシンやサリチル酸塩の存在など、さまざまな理論があります。

子犬うつ病:それを理解し、克服する

子犬は喜びとエネルギーの塊として知られており、私たちの生活に幸福と興奮をもたらします。しかし、人間と同じように、子犬も悲しみ、嘆き、憂鬱な感情を経験することがあります。

- 広告 -

今すぐ読む

愛犬の水分補給: 犬の脱水症状の予防と管理

脱水症は、私たちの愛犬にとって差し迫った健康問題であり、治療せずに放置すると深刻な結果を招く可能性があります。責任あるペットの飼い主として、犬の脱水症の原因、症状、予防と管理のための効果的な戦略を理解することが重要です。この包括的なガイドでは...

犬の健康: 愛犬を健康で幸せに保つための 12 のヒント

愛犬の健康管理は生涯にわたる取り組みです。愛犬の健康を維持し、長く充実した生活を促進するための 12 のヒントを紹介します。

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫ですか?

犬はプルーンを安全に食べても大丈夫でしょうか?おやつとしてプルーンを数個食べたくなったことがあるなら、毛皮で覆われた友人とプルーンを分け合っても安全かどうか疑問に思ったことがあるかもしれません。

犬はベーコンを食べても大丈夫?魅惑的な御馳走の背後にある真実

ベーコンは、食欲をそそるカリカリで香ばしい味わいです。犬が熱々のベーコンのおいしい香りに惹かれるのも不思議ではありません。しかし、毛皮で覆われた友人たちを贅沢にしたいと思うかもしれませんが、彼らの健康と...

犬の寿命が近づいている兆候: 旅路を理解する

ペットの飼い主として、私たちの愛する犬が寿命を迎えるという困難な現実に直面することは避けられません。場合によっては、寿命が近づいている犬が発作を起こすことがあります。

犬の尿失禁の原因と症状

犬の尿失禁は犬によく見られる病状で、不随意に膀胱制御が失われることを特徴とします。時々起こる少量の尿漏れから大量の尿漏れまで、重症度はさまざまです。

子犬を優勢な犬に紹介する: 包括的なガイド

子犬から優勢な犬に成長するには、慎重な計画、忍耐、そして理解が必要です。子犬を優勢な犬に紹介することは、忍耐と一貫した努力を必要とする段階的なプロセスです。

喜びを解き放つ: 2023 年のトップ犬用クリスマス ギフト

犬の飼い主として、子犬が愛されていると感じられるようにしたいと考えています。おもちゃからおやつまで、あらゆる犬の性格や好みに合わせた、2023 年の犬向けクリスマス ギフトのトップ リストをご覧ください。

犬の鼻が乾燥してひび割れているのはなぜですか? 原因と解決策を理解する

責任ある犬の飼い主として、愛犬の鼻が乾燥してひび割れていることに気づいたことがあるかもしれません。愛犬の健康を心配するのは当然ですが、乾燥した鼻が必ずしも深刻な問題を示すわけではないことを理解することが重要です。この包括的なガイドでは、...

犬のための冬のアクティビティ: 犬をアクティブで幸せに保つためのヒントとアイデア

屋外の冬のアクティビティから屋内のゲームまで、あらゆる犬にぴったりのものがここにあります。準備を整えて、子犬を連れて、犬たちに冬の楽しみを与える準備をしましょう。

犬の白内障:初期症状と予防法を理解する

犬の白内障は、視力や全体的な生活の質に影響を与える憂慮すべき症状です。白内障は、目の水晶体が濁ることで発生し、視界がかすみます。

犬はキャベツを食べても大丈夫:総合ガイド

犬は適度にキャベツを食べても安全です。栄養豊富な野菜で、消化を助けたり、皮膚の健康を促進したりするなど、さまざまな健康上の利点があります。