ホーム健康原因と症状...

犬の尿失禁の原因と症状

無料購読

犬の尿失禁は犬によく見られる病状で、不随意に膀胱制御が失われることを特徴とします。時々起こる少量の尿漏れから大量の尿漏れまで、重症度はさまざまです。行動に関連した排尿の問題とは異なり、失禁は通常、基礎疾患によって引き起こされ、犬は通常、失禁が起こっていることに気づきません。

YouTube ビデオ

尿失禁の原因

犬の尿失禁にはいくつかの原因が考えられます。

  1. 尿路感染: 尿路の感染症は膀胱を刺激し、失禁を引き起こす可能性があります。
  2. 解剖学的異常: 膀胱や尿道の変形など、泌尿器系の構造異常が失禁の原因となることがあります。
  3. 膀胱が弱い: 膀胱の筋肉が弱くなると、尿を適切に保持できなくなることがあります。
  4. 脊椎損傷または変性:脊髄の損傷または変性により、膀胱の制御に関与する神経信号が混乱する可能性があります。
  5. 遺伝した病状:犬によっては、尿失禁の遺伝的素因を持って生まれてくる場合があります。
  6. ホルモンバランスの乱れ: ホルモンレベル、特にエストロゲンの変動は、膀胱の制御に関与する筋肉に影響を与える可能性があります。
  7. 前立腺疾患: 雄犬の前立腺の肥大または感染は、失禁の原因となる可能性があります。
  8. 過度の飲酒を引き起こす病気: 糖尿病、腎臓病、クッシング病などの病気は、水分摂取量の増加とそれに伴う失禁につながる可能性があります。
  9. : コルチコステロイドなどの特定の薬剤には、尿失禁などの副作用が生じる可能性があります。
  10. 尿路結石: 尿路に結石があると、炎症や失禁を引き起こす可能性があります。

尿失禁の症状

尿失禁の症状を認識することは、犬の飼い主が適切な獣医師の治療を受けるのに役立ちます。最も目に見える兆候は尿の滴りで、皮膚に炎症や発赤を引き起こす可能性があります。さらに、失禁のある犬は、生殖器領域を過剰に舐めることがあります。

愛犬に尿失禁が疑われる場合は、獣医師に相談して適切な診断を受けることが重要です。訪問中、獣医師は徹底的な検査を行い、犬の症状について適切な質問をします。詳細な情報を提供していただくと、失禁の根本的な原因を特定するのに役立ちます。

獣医師を訪問するときは、次の観察結果を書き留めることを検討してください。

  • 尿漏れに気づいたときと場所。
  • 問題の期間と、改善しているか悪化しているか。
  • 犬の排尿回数や水分摂取量の変化。
  • 排尿中の痛みや不快感の兆候。
  • 犬が経験している可能性のあるその他の異常な症状。

尿失禁の早期発見と治療は、より重篤な合併症の予防に役立ちます。尿漏れを治療しないと、犬の皮膚疾患だけでなく、膀胱や腎臓の感染症を引き起こす可能性があります。

- 広告 -

尿失禁を起こしやすい犬の種類

尿失禁はどの犬にも起こる可能性がありますが、特定の犬種では尿失禁が起こりやすくなります。素因を理解することは、犬の飼い主が警戒し、積極的に症状を管理するのに役立ちます。

メス犬

中年から高齢の避妊手術を受けたメス犬は、特に「避妊手術失禁」として知られる一種の尿失禁を起こしやすい傾向にあります。この形態の失禁は一般に、エストロゲンレベルの低下によって引き起こされ、尿道の筋肉の緊張が失われる可能性があります。場合によっては、失禁は膀胱括約筋の弱さ、つまり尿道括約筋機能不全(USMI)と呼ばれる状態が原因である可能性があります。これは、避妊手術を受けた雌犬の尿失禁の最も一般的な原因です。

追加情報

失禁は特定の種類の犬でよく観察されますが、どの品種や年齢層でも発生する可能性があることに注意することが重要です。したがって、犬の飼い主は、性別や生殖状態に関係なく、ペットに尿失禁の兆候がないか監視する必要があります。

結論として、犬の尿失禁は、感染症、解剖学的異常、膀胱筋の弱さ、脊椎の問題、ホルモンの不均衡、前立腺疾患、基礎疾患、薬剤、尿路結石など、さまざまな要因によって引き起こされる病状です。症状を認識し、獣医師の診察を受け、素因を理解することは、犬の飼い主がこの症状を効果的に管理し、ペットの生活の質を向上させるのに役立ちます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬のうんちを理解する: 犬の健康に関する包括的なガイド

彼らの全体的な健康状態を評価する 1 つの方法は、彼らのうんちを調べることです。はい、そのとおりです。犬のうんちは、消化器の健康状態についての貴重な洞察を提供します。

なぜ犬は靴下を噛むのが好きなのでしょうか?

犬にとって靴下は単なる衣服ではありません。それらはあなたの香りを運ぶ器です。犬の嗅覚は信じられないほど強力で、あなたの香りは犬の脳にポジティブな感情や感覚を連鎖的に引き起こします。

犬の耳が腫れるのはなぜですか?考えられる5つの原因とケア方法

犬の耳が腫れる原因はいくつかあり、適切なケアを行うにはこれらの原因を理解することが重要です。犬の耳が腫れる最も一般的な原因の 1 つは、耳の感染症です。

- 広告 -

今すぐ読む

究極の犬の養子縁組チェックリスト: スムーズな移行のための必須アイテム

新しい犬を迎える決断をしていただき、おめでとうございます。毛皮で覆われた友人を家族に迎えることは、刺激的でやりがいのある経験です。ただし、それには大きな責任も伴います。あなたと新しいペットの両方がスムーズに移行できるように、

犬用エッセンシャルオイル:安全で効果的な使用のためのガイド

ペットの飼い主として、私たちは常に毛皮で覆われた友人たちにとって最善のものを望んでいます。健康や幸福に関しては、私たちの多くはエッセンシャルオイルなどの自然療法に注目しています。

最高の犬用カーシート: 毛むくじゃらの友達に快適さと安全を確保

犬用カーシートを選ぶ理由?愛情深いペットの飼い主として、たとえ車で旅行するときでも、毛皮で覆われた友人の快適さと安全を確保したいと考えています。そこで犬用カーシートが活躍します。

ロードトリップの必需品: 車の中で愛犬を安全に保つ

毛皮で覆われた親友と一緒にロードトリップに行くのはエキサイティングな経験かもしれませんが、車に乗っている間は愛犬の安全を確保することが重要です。

犬の歯茎が青くなったときの対処法:総合ガイド

犬の歯茎が青白い場合は、さまざまな基礎疾患の症状である可能性があります。青白くなる主な原因は 2 つあります。灌流不良 (歯ぐきへの血流の減少) または貧血 (赤血球数の減少) です。

犬と猫は仲良くなれるのか?平和共存へのガイド

犬と猫は仲良く共存できるのでしょうか?コミュニケーション スタイルや本能は異なるかもしれませんが、これら 2 つの種が平和に共存することは確かに可能です。

犬が嫌う匂いとは?愛犬の周りで避けるべき12の匂い

犬の飼い主として、私たちは愛犬が自分の環境で快適で幸せに感じてほしいと願っています。愛犬の健康を確保する方法の 1 つは、愛犬を悩ませる匂いに気を配ることです。犬は嗅覚が非常に優れており、嗅覚細胞は最大 3 億個あります...

犬の皮膚が黒くなるのはなぜですか?犬の色素沈着過剰を理解する

ペットの飼い主として、犬の健康と幸福を注意深く監視することが重要です。起こり得る一般的な懸念の 1 つは、愛犬の皮膚の色の変化に気づいたときです。

犬の耳が腫れるのはなぜですか?考えられる5つの原因とケア方法

犬の耳が腫れる原因はいくつかあり、適切なケアを行うにはこれらの原因を理解することが重要です。犬の耳が腫れる最も一般的な原因の 1 つは、耳の感染症です。

子犬のトイレトレーニング: 成功のためのステップバイステップガイド

トイレトレーニングは、新しく生まれた子犬の世話に欠かせないものです。小さな喜びを家に持ち帰る場合でも、年老いた犬を引き取る場合でも、適切なトイレの習慣を教えることは、一緒に調和のとれた生活を送るために非常に重要です。ハウストレーニングは屋内での事故を防ぐだけではありません...

犬好きの特徴:「犬派」の性格を探る

猫と犬に関する長年の論争に関しては、単なる個人的な好み以上のものが問題となっていることがよくあります。多くの人は、猫と犬のどちらを選ぶかによって、その人の性格について多くのことが分かると信じています。

犬がお腹を撫でるのが好きな理由: 犬の愛情の背後にある科学

犬はお腹を撫でることに特別な親和性を持っており、それはペットと飼い主の両方に喜びをもたらす行動です。しかし、なぜ犬がお腹を撫でるのがそんなに好きなのか疑問に思ったことはありますか?