ホーム健康犬の下痢を理解する:原因、...

犬の下痢を理解する:原因、症状、治療

無料購読

犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人が下痢を経験すると、非常に心配になることがあります。下痢は、軽度の腸疾患からより深刻な健康上の問題まで、さまざまな理由で発生する可能性のある一般的な症状です。この記事では、犬の下痢の原因、症状、治療法を探り、子犬の気分を良くするために必要な知識を提供します。

犬の下痢とは何ですか?

下痢は、通常よりも頻繁に起こる軟便、水様便を特徴とする症状です。それは、突然発生して短期間持続する急性の場合もあれば、長期間持続する慢性の場合もあります。

犬の下痢はさまざまな理由で発生する一般的な健康問題です。適切な治療法を決定するには、下痢の根本的な原因を理解することが不可欠です。

犬の下痢の一般的な原因

犬が下痢を経験する理由はいくつかあります。最も一般的な原因は次のとおりです。

  • 食生活の変更: 犬の食事を突然変えると、消化器系の問題や下痢を引き起こす可能性があります。さらに、犬にテーブルの残り物や腐った食べ物を与えることも下痢を引き起こす可能性があります。
  • ストレスまたは不安: 旅行、下宿、引っ越しなどのストレスの多い状況は、犬の消化器系の問題や下痢を引き起こす可能性があります。
  • 異物の摂取: 犬はおもちゃ、骨、布地などの物を噛んだり飲み込んだりする習性があります。これらの物体は消化管の閉塞や炎症を引き起こし、下痢を引き起こす可能性があります。
  • 寄生虫: 回虫、鉤虫、鞭虫、コクシジウム、ジアルジアなどの寄生虫が犬の消化器系に感染し、下痢を引き起こす可能性があります。
  • ウイルス感染症: パルボウイルス、ジステンパー、コロナウイルスなどのウイルス感染症は、犬に下痢を引き起こす可能性があります。
  • 細菌感染症: サルモネラ菌などの細菌感染は犬の下痢を引き起こす可能性があります。
  • 炎症性腸疾患: 炎症性腸疾患は、犬の下痢、嘔吐、体重減少を引き起こす慢性疾患です。
  • 膵炎: 膵炎は、膵臓が炎症を起こし、下痢やその他の消化器系の問題を引き起こす状態です。
  • 肝臓または腎臓の病気: 肝臓や腎臓の病気は、犬の消化器系の問題や下痢を引き起こす可能性があります。

犬の下痢の症状

犬の下痢の症状は、根本的な原因によって異なります。最も一般的な症状は次のとおりです。

  • ゆるくて水っぽい便: 下痢は、通常よりも頻繁に起こる軟便、水様便が特徴です。
  • 嘔吐: 下痢をしている犬は嘔吐したり、食欲がなくなったりすることもあります。
  • 弱点: 下痢は犬の衰弱や無気力を引き起こす可能性があります。
  • 便中の血: 重症の場合は、下痢により血便が生じる可能性があり、より深刻な健康上の問題を示します。
  • 脱水: 下痢をしている犬はすぐに脱水状態になり、歯ぐきが乾燥したりベタベタしたり、目がくぼんだり、鼻が乾いたりすることがあります。

あなたの犬がこれらの症状のいずれかを経験している場合は、獣医師の診察を受け、適切な診断と治療計画を立てることが重要です。

- 広告 -

獣医師の診察を受ける時期

犬が 1 ~ 2 回下痢を起こしても、それ以外は通常通りに行動している場合は、通常は心配する必要はありません。ただし、愛犬が 2 回以上症状を繰り返している場合、または上記の症状のいずれかを示している場合は、獣医師の診察を受け、適切な診断と治療計画を立てることが重要です。

犬が便を出そうと頑張っているのに、少量の水様下痢しか出ていない場合は、おもちゃなどの異物の摂取による痛みを伴う閉塞を経験している可能性があります。これは非常に重篤な状態であり、直ちに獣医の診察が必要です。獣医師に連絡するか、最寄りの緊急動物病院に行って治療を受けてください。

短期間に繰り返す下痢の発作は、特に毛皮で覆われた友人が非常に高齢であるか、非常に若い場合、または免疫系が低下している場合には、非常に深刻な健康上の問題の兆候である可能性があります。パルボウイルスなどの感染症は非常に重篤で、伝染性があり、生命を脅かします。子犬が下痢を繰り返したり、慢性的な下痢を起こしている場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

犬の下痢の治療方法

犬の下痢の治療法は、根本的な原因によって異なります。ただし、子犬の気分を良くするための一般的なガイドラインがいくつかあります。

断食

あなたの犬が 1 回か 2 回、水っぽい便や柔らかい便をしたことがある場合は、12 ~ 24 時間絶食させて回復する時間を与えた方がよいかもしれません。これは、消化器系を休ませて回復させるのに役立ちます。

当たり障りのない食事

断食後は、犬に刺激の少ない食事を与えることができます。 1~2日の当たり障りのない食事は、愛犬の問題を解決する可能性があります。普通に炊いた白米に少量の鶏肉と缶詰のプレーンかぼちゃ(パンプキンパイの詰め物ではない)を加えるのも、子犬のおなかの調子を良くするのに役立ちます。犬の体調が良くなったら、徐々に通常の食事を再開してください。

プロバイオティクスと医薬品

その他、犬のおなかの不調を和らげるのに役立つ可能性のあるものには、天然ヨーグルト、プロバイオティクス、皮をむいた茹でジャガイモ、カッテージチーズ、油を加えていない卵、特別に配合されたドッグフード、獣医師が処方する薬などがあります。

獣医師に相談せずに、犬に人間用の薬を決して与えないように注意することが重要です。人間にはよく効く市販薬の多くが犬にとっては有毒である可能性があります。

結論

結論として、犬の下痢はさまざまな理由で発生する可能性のある一般的な健康問題です。軽度の下痢の場合は一般に心配する必要はありませんが、下痢の発作や重度の症状が繰り返される場合は、より深刻な根本的な健康問題を示している可能性があります。犬が下痢をしている場合は、獣医師の診察を受け、適切な診断と治療計画を立てることが重要です。適切な治療とケアがあれば、あなたの毛皮で覆われた友人はすぐに回復し、いつもの幸せで健康な自分に戻ることができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬の定期健康診断の大切さ

定期的な犬の健康診断は、責任あるペットの飼い方にとって不可欠な要素です。これらの定期検査により、獣医師は犬の全体的な健康状態を評価し、潜在的な問題を早期に発見し、長く健康的な生活を確保するための予防ケアを提供することができます。

犬の去勢手術の重要性: メリット、リスク、アフターケア

去勢手術は、去勢手術とも呼ばれ、雄犬に対して行われ、睾丸を除去する外科手術です。これは、ペットの過剰数の削減、特定の病気の予防、行動の改善など、さまざまな理由から獣医師によって推奨される一般的な方法です。

溺れた犬を救う方法: ペットの飼い主のための応急処置のヒント

溺れているペットを救うために決して自分の命を危険にさらしてはいけないことに注意することが重要ですが、適切な応急処置テクニックを知っていれば、愛する仲間を救うのに大きな違いが生まれます。

- 広告 -

今すぐ読む

なぜ犬は飼い主を見つめるのでしょうか?

それは愛のしるしなのか、注目を求めているのか、それとも全く別の何かなのでしょうか?犬が飼い主を見つめるさまざまな理由を探り、犬のコミュニケーションの魅力的な世界を掘り下げていきます。

犬を訓練するための究極のガイド: 成功のためのヒントとテクニック

犬の訓練は、責任あるペットの飼い主になるために不可欠な部分です。毛皮で覆われた友人の安全と幸福を確保するだけでなく、あなたとあなたの犬の間の絆も強化します。

眠っている犬を寝かせることの重要性: 犬の睡眠パターンを理解する

犬は長い一日遊んだ後に安らかに眠る能力で知られており、犬の睡眠パターンの興味深い世界について説明し、眠っている犬を寝かせることがなぜ重要なのかについて説明します。

犬に薬を投与する方法: 専門家のヒントとテクニック

犬に薬を与えるのは難しい作業ですが、適切なアプローチとテクニックを使えば、あなたとあなたの毛皮で覆われた友人の両方にとって、プロセスをより簡単かつ快適にすることができます。

なぜ犬は人に飛びつくのでしょうか?

犬が人に飛びつくのはよくある行動で、愛らしくもありイライラさせられることもあります。犬がこの行動をとる理由を理解することが、効果的に対処する鍵となります。

ドッグコーンについて知っておくべきことすべて: ペットの飼い主のための必須ガイド

それらの重要性を理解し、犬がコーンを使用できるように準備し、代替オプションを検討することは、ペットの世話のこの側面を自信を持ってナビゲートするのに役立ちます。

狭い生活空間で愛犬を幸せに保つ方法

都会の小さなアパートに住むと、犬を飼うのが困難になることがあります。限られたスペースと屋外エリアの不足により、毛皮で覆われた友人のニーズを満たすことが困難になる場合があります。

犬と一緒に寝てもいいですか?メリットとデメリットの説明

愛犬をベッドで寝かせるかどうかは、最終的には個人の選択であり、愛犬の健康状態、飼い主の健康状態、個人の好み、ライフスタイルなどのさまざまな要因によって異なります。

犬は失恋にどう対処するか

人間と同じように、犬も別れた後に憂鬱や不安を経験することがあります。この困難な時期を乗り越える方法を理解することが重要です。

犬がお腹を撫でるのが好きな理由: 犬の愛情の背後にある科学

犬はお腹を撫でることに特別な親和性を持っており、それはペットと飼い主の両方に喜びをもたらす行動です。しかし、なぜ犬がお腹を撫でるのがそんなに好きなのか疑問に思ったことはありますか?

犬のフィラリア症について知っておくべきことすべて

犬のフィラリア症は、犬、猫、フェレットなどのペットに影響を与える重篤で死に至る可能性のある病気です。これは、感染した動物の心臓、肺、および関連する血管に寄生するフィラリアと呼ばれる足長の虫によって引き起こされます。

犬のTPLO手術の合併症:知っておくべきこと

TPLO手術は、CCL断裂または破裂のある犬の治療選択肢です。合併症が発生する可能性もありますが、適切な獣医リハビリテーションはこれらの問題を管理し、回復を促進するのに役立ちます。