ホーム健康愛犬の正常な状態を理解する...

犬の正常な体温を理解する: 範囲、測定、モニタリング

無料購読

責任あるペットの飼い主として、犬の通常の体温をよく理解することが重要です。犬の体温をモニタリングすることは、犬が発熱している疑いがある場合に潜在的な健康上の問題を特定し、適切なケアを提供するのに役立ちます。この包括的なガイドでは、犬の体温の正常範囲を調査し、正確に測定する方法について説明し、犬がどのように体温を調節するかについての貴重な洞察を提供します。

YouTube ビデオ

1. 犬の体温の正常範囲

すべての犬は、特定の範囲内に収まる独自の体温を持っています。成犬の正常な体温範囲は通常、99.5°F ~ 102.5°F (37.5°C ~ 39.2°C) です。この範囲は、犬の品種、サイズ、個々の特性などの要因によって若干異なる場合があることに注意することが重要です。さらに、犬の体温は一日を通して変動することがあり、通常は夕方に上昇し、睡眠中に下がります。

犬の体温の正常範囲を理解することは、潜在的な健康上の問題を示す可能性のある逸脱を検出するために不可欠です。犬の体温を定期的にモニタリングすることで、ベースラインを確立し、獣医師の診察が必要となる可能性のある重大な変化を迅速に特定することができます。犬の体温は運動中や興奮中にわずかに上昇することがありますが、落ち着くと通常の範囲に戻ることに注意することが重要です。

2. 子犬の体温

子犬は、特に発育初期において、成犬と比べて必要な体温が異なります。研究によると、子犬と成犬の間にはいくつかの生理学的違いがあることがわかっています。生後 4 週間未満の子犬の場合、平均体温は低くなり、95°F ~ 99°F (35°C ~ 37.2°C) の範囲になります。しかし、子犬が成長し成熟するにつれて、体温は徐々に成犬の体温と同じになります。

たとえば、生後 12 週間の子犬の平均体温は 99.5°F ~ 102.5°F (37.5°C ~ 39.2°C) の範囲で、これは成犬と同じです。若い子犬は温度変化に弱く、低体温や過熱などの症状を起こしやすいため、子犬の体温を注意深く監視することが重要です。さらに、生まれたばかりの子犬は発熱を引き起こす感染症にかかりやすいため、子犬の健康のためには定期的な体温検査が不可欠です。

3. 年齢別の子犬の正常体温グラフ

さまざまな年齢の子犬の正常な体温範囲を理解することは、子犬の健康を確保し、適切なケアを提供するのに役立ちます。以下は、発育のさまざまな段階における子犬の正常な体温を概説したグラフです。

- 広告 -
子犬の年齢子犬の正常な体温最適な室温または環境温度
1~2週間95°F – 99°F (35°C – 37.2°C)85°F – 90°F (29.4°C – 32°C)
2~4週間97°F – 100°F (36.1°C – 37.8°C)79°F – 84°F (26.1°C – 28.8°C)
5~8週間98°F – 100°F (36.7°C – 37.8°C)73.5°F – 79°F (23°C – 26.1°C)
8~12週間99°F – 102°F (37.2°C – 38.9°C)73.5°F – 79°F (23°C – 26.1°C)

若い子犬にとって、適切な室温と湿度を維持することが重要です。体温を効果的に調節できるように、湿度は 55% から 60% の間にある必要があります。親のいない生まれたばかりの子犬を育てる場合、追加の暖かさを提供してくれる同腹子がいないため、理想的な室温は若干異なる場合があります。

獣医師のガイドラインによれば、孤児の子犬に推奨される室温は次のとおりです。

  • 1週間経過後: 95°F (35°C)
  • 生後 2 週間: 87.8°F (31°C)
  • 生後3週間: 82.4°F (28°C)
  • 生後4週間: 26℃ (72.8°F)

適切な室温を維持することは、生まれたばかりの子犬の健康と体温を効果的に調節する能力にとって非常に重要です。

4. 犬の体温の測り方

犬の体温を測定することは、適切なツールと技術があれば自宅で行うことができる比較的簡単なプロセスです。犬の体温を正確に測定する方法に関するステップバイステップのガイドは次のとおりです。

  1. 犬専用に設計された、信頼性の高い直腸体温計または耳体温計を選択してください。これらの体温計はペット用品店やオンライン小売店で購入できます。使用前に、温度計が清潔で良好に動作する状態であることを確認してください。
  2. 直腸体温計の先端にワセリンまたは水ベースの潤滑剤を塗ります。これにより挿入が容易になり、犬にとって快適な体験が保証されます。
  3. 犬の尻尾をそっと持ち上げ、体温計を直腸に挿入します。小型犬の場合は体温計を約 1 インチ挿入し、大型犬の場合は約 2 インチ挿入します。犬を驚かせたり、傷つけたりする可能性のある突然の動きを避けるように注意してください。
  4. 温度計を約 1 分間、またはデジタル体温計を使用している場合はビープ音が鳴るまで、所定の位置に保持します。誤って体温計を外したり、犬が怪我をしたりしないように、体温計をしっかりと握ってください。
  5. 慎重に温度計を取り外し、温度の測定値を記録します。この情報は今後の参考や獣医師に相談する際に役立つため、必ず測定時刻を記録してください。

衛生を保ち、細菌やウイルスの拡散を防ぐために、使用後は必ず体温計を徹底的に洗浄してください。 感染症体温測定中に犬が不快感を示したり不安になったりした場合は、2 人目の人が犬を抱きかかえたり安心させたりして手伝ってもらうとよいかもしれません。

犬の体温測定

5. 犬はどのように体温を調節するのか

犬には、体温を調節し恒常性を維持するためのいくつかのメカニズムがあります。これらのメカニズムにより、動物はさまざまな環境条件に適応し、全体的な健康を確保することができます。犬が体温を調節する主な方法は次のとおりです。

  1. 伝導: 犬は冷たい表面との接触を求め、伝導によって体温を調節します。犬が体や腹を冷たい床に押し付けたり、木陰の冷たい地面に横たわったりすると、冷たい表面と接触する皮膚から余分な熱を失います。
  2. 対流: 犬が体温を調節するもう一つの方法は対流です。犬は涼しい風が当たる場所を探したり、扇風機の前に座ったりして、冷たい空気が毛皮の中を移動して体から熱を放散します。長い被毛を持つ犬のマットな毛は、空気が被毛の中を自由に流れることができないため、この冷却メカニズムを妨げる可能性があることに注意することが重要です。
  3. 放射線: 犬は放射線を利用して体から余分な熱を放出します。彼らは皮膚や耳などの外肢に温かい血液を送り、そこで熱を放射します。体が熱の放散を促進するために血流を耳の部分に向け直すため、発熱している犬や過熱している犬の耳が非常に温かいことが多いのはこのためです。
  4. 蒸発: 犬の熱放散の主な手段は蒸発です。 犬が喘ぐ 口から水分を放出し、水分が蒸発するときに熱を放散します。犬の足には汗腺もあり、熱放散にある程度貢献しています。

犬が体温をどのように調節するかを理解することは、毛皮で覆われた友人のために快適で安全な環境を作り出すのに役立ちます。犬の行動に注意し、特に暑い季節や激しい運動の際には、日陰、新鮮な水、涼しい地面を利用するなど、適切な冷却対策を積極的に講じてください。

6. よくある質問とよくある質問

Q: 子犬はいつから自分で体温調節を始めることができますか? A: 子犬は体温調節機構が発達するため、生後約 4 週間で自分で体温を調節できるようになります。

Q: 犬はどうやって体温調節をしているのですか? A: 犬は、息を切らしたり、日陰を探したり、足で体温調節したり、熱を保持したり放出したりするために被毛を適応させたりするなど、さまざまなメカニズムで体温を調節しています。

結論

愛犬の体温を監視することは、責任あるペットの飼い方の重要な部分です。成犬と子犬の正常な体温の範囲を理解し、体温を正確に測定する方法を知り、犬がどのように体温を調節しているかを認識することは、毛皮で覆われたペットの健康を確保するのに役立ちます。何か心配がある場合、または犬の体温が正常範囲を超えている場合は、忘れずに獣医師に相談してください。用心深く積極的に行動することで、犬を今後何年にもわたって健康で幸せに保つことができます。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬の甲状腺がんを理解する:兆候、診断、治療の選択肢

甲状腺がんは、犬の甲状腺に影響を及ぼす病気です。首にある甲状腺は、甲状腺ホルモンの生成を通じて代謝の調節に重要な役割を果たしています。

犬用プールに必要なもの:総合ガイド

夏がやって来ました。暑さをしのぐには、プールで爽やかに泳ぐこと以上に良い方法はありませんか?あなたが犬の飼い主なら、おそらく毛むくじゃらの友達にも楽しみに参加してもらいたいと思うでしょう。

あなたの犬が食べないのはなぜですか?理由を理解し、解決策を見つける

責任あるペットの飼い主として、愛犬が食事を拒否するのを見るのは悲しいことかもしれません。新しい子犬を飼う場合でも、長年連れ添った子犬を飼う場合でも、犬の食欲不振は心配の種になることがあります。

- 広告 -

今すぐ読む

お尻をぶつけ合う犬の興味深い行動

腰を軽く押すことは、犬が飼い主や他の犬に対して示す一般的な行動です。犬が腰やお尻を使って人や他の動物を押す行為です。

犬用おもちゃを効果的に使用するための究極のガイド: 楽しくてやりがいのあるトレーニング アプローチ

犬を訓練するための新しくエキサイティングな方法をお探しですか?犬のトレーニングでおもちゃを効果的に使用すると、学習体験が向上するだけでなく、あなたと毛むくじゃらの友達との絆も強化されます。

犬はバナナを食べても大丈夫ですか?犬の飼い主のための総合ガイド

犬の飼い主として、毛皮で覆われた友人においしいバナナを分けてあげても安全なのか疑問に思ったことがあるかもしれません。

犬はカラマリを安全に楽しめますか?真実を明らかにする

私たちの多くにとって、イカはレストランや自家製の前菜として楽しむ楽しいご馳走です。しかし、私たちの毛むくじゃらの友達はどうでしょうか?犬は安全にイカを食べても大丈夫でしょうか?

犬が排便中に飼い主を見るのはなぜですか?

犬は、私たちを戸惑わせることもある独特の行動を持つ魅力的な生き物です。そのような行動の 1 つは、犬が排便中に飼い主を見つめる傾向です。

犬の頭と前足の震えの原因、症状、治療法を理解する

犬の震えは、震え、震え、または震えに似た、不随意のリズミカルな筋肉の動きです。震えを目撃すると驚くかもしれませんが、震えは発作と同じではないことを理解することが重要です。

あなたの犬が幸せであるサイン: あなたの犬の伴侶が最高の人生を送っているかどうかを見分ける方法

あなたの犬が幸せであなたを愛しているサインはありますか?犬は揺るぎない忠誠心と無条件の愛で知られています。犬の飼い主として、私たちは毛皮で覆われた友達が幸せで繁栄しているのを見ること以上に何も望んでいません。

犬のうんちを理解する: 犬の健康に関する包括的なガイド

彼らの全体的な健康状態を評価する 1 つの方法は、彼らのうんちを調べることです。はい、そのとおりです。犬のうんちは、消化器の健康状態についての貴重な洞察を提供します。

犬用の魚油サプリメントの選択と使用に関する究極のガイド

犬用の魚油サプリメントは、人間にとって潜在的な健康上の利点があるため、近年人気が高まっています。しかし、これらのサプリメントが毛皮で覆われた友人たちに多くの利点をもたらすことをご存知ですか?この包括的なガイドでは、犬用の魚油サプリメントの世界を探っていきます。

成犬のアレルギー予防ガイド: 毛むくじゃらの友達を幸せで健康に保つために

成犬のアレルギーを防ぐには?ペットの飼い主として、私たちは皆、毛皮で覆われた友達が幸せで健康であることを望んでいます。人間と同じように犬もアレルギーに悩まされることがあります。それは犬にとっても飼い主にとってもイライラや苦痛を伴うことがあります。

犬の年齢を人間の年齢で正確に計算する方法

犬の 1 年は人間の 7 年に相当するという一般的な考えは、長年にわたって私たちの心に根付いています。しかし、現実ははるかに複雑です。

犬の認知症のための食事:栄養が犬の認知機能障害をどのように遅らせることができるか

CDS の犬は、見当識障害、社会的相互作用の変化、睡眠障害、家の汚れ、不安、活動レベルの変化など、さまざまな症状を経験します。