ホーム健康あなたの犬はなぜ...

犬の耳が腫れるのはなぜですか?考えられる5つの原因とケア方法

無料購読

ペットの飼い主として、愛犬の耳が腫れていることに気づくと不安になるかもしれません。犬は痛みを隠そうとするかもしれませんが、毛皮で覆われた友人の健康を確保するために、この問題に迅速に対処することが重要です。犬の耳が腫れる原因はいくつか考えられますが、適切なケアを行うにはこれらの原因を理解することが重要です。この包括的なガイドでは、犬の耳が腫れる 5 つの主な理由を探り、不快感を軽減するための実践的なヒントを提供します。

犬の耳が腫れるのはなぜですか

内耳または外耳の感染症

犬の耳が腫れる最も一般的な原因の 1 つは、耳の感染症です。約20%の犬が一生のうちに何らかの耳の感染症や病気を経験します。どの犬でも耳感染症を発症する可能性はありますが、特定の犬種や要因によっては感受性が高まる可能性があります。シャーピー、ビーグル、コッカースパニエルなどの長い垂れ耳を持つ犬は、空気の流れが減少し、外耳道内の湿気が増加するため、耳感染症を起こしやすくなります。さらに、アレルギーのある犬や水中で長時間過ごす犬もリスクが高くなります。

犬の耳感染症はウイルス性または細菌性の可能性があり、主に外耳に影響を与えます。耳感染症の症状には、耳の腫れ、頭の震え、過度の引っ掻き、黒っぽい分泌物や耳垢、臭い、外耳道の発赤、耳の中の痂皮やかさぶたが含まれる場合があります。未治療のまま放置すると、耳の感染症が内耳に進行し、より重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

愛犬が耳の感染症にかかっていると疑われる場合は、獣医師の診察を受けることが重要です。獣医師は犬の耳を検査し、感染の原因を特定するために臨床検査用のサンプルを採取することがあります。治療には通常、耳の洗浄、経口薬または局所薬の投与、処方された治療計画に従うことが含まれます。

耳ダニ

耳ダニも犬の耳が腫れる一般的な原因です。肉眼ではほとんど見えないこれらの微細な寄生虫は、犬の耳の中の耳垢、油、破片を餌とします。耳ダニの寄生は非常に伝染性が高く、直接の接触や寝具の共有を通じてペットからペットへと伝染する可能性があります。耳ダニに感染した犬は激しいかゆみを経験することが多く、過度の掻きむしりや炎症を引き起こします。

耳ダニの症状には、耳の腫れ、外耳道内の暗褐色または黒のコーヒーの粉のような破片、ダニの破片と血液が混ざることによる赤みがかった色合いなどがあります。さらなる不快感や合併症を防ぐために、耳ダニを迅速に治療することが重要です。

- 広告 -

耳ダニを治療するには、獣医師に相談することをお勧めします。特定の薬を処方したり、市販の治療法を勧めたりする場合があります。薬を塗る前に、犬の耳をきれいにして余分な破片を取り除くことが重要です。さらに、再感染を防ぐために、犬の寝具や環境を徹底的に掃除する必要があります。

犬耳血腫

耳血腫としても知られるドッグイヤー血腫は、耳介の血管が破裂すると発生します。この症状は、耳ダニ、感染症、アレルギーなどの根本的な原因により、頭を振ったり引っ掻いたりすることが原因で起こることがよくあります。耳介の組織層間に血液が蓄積すると、腫れや不快感が生じます。

犬の耳が腫れていて、触ると熱を感じる場合は、血腫の存在を示している可能性があります。腫れは、小さなしこりから液体で満たされた大きな塊まで多岐にわたります。一部の小さな血腫は自然に解決する場合がありますが、より大きな血腫や持続的な血腫の場合は獣医師の介入が必要な場合があります。

犬の耳血腫の治療法は、重症度と根本的な原因によって異なります。場合によっては、獣医師は蓄積した血液を排出し、炎症を軽減して治癒を促進する薬を推奨することがあります。より重度の場合は、血液の再貯留を防ぐために手術が必要になる場合があります。

アレルギー

アレルギーも犬の耳の腫れの原因となることがあります。犬は、花粉、ダニ、特定の食品、環境要因など、さまざまな物質に対してアレルギーを引き起こす可能性があります。アレルギー反応が発生すると、耳を含む体のさまざまな部分に炎症や腫れが生じることがよくあります。

犬のアレルギーの一般的な兆候には、耳の腫れ、発赤、かゆみ、過度の引っ掻き、耳だれなどがあります。アレルギーは、原因に応じて、季節性または一年中発生する場合があります。特定のアレルゲンを特定することは困難な場合があり、獣医師の支援が必要な場合があります。

アレルギーを管理し、耳の腫れを軽減するために、獣医師は抗ヒスタミン薬、コルチコステロイド、またはアレルギー注射を推奨する場合があります。さらに、犬の環境を清潔に保ち、低アレルギー性の製品を使用するなど、既知のアレルゲンへの曝露を最小限に抑えることは、症状の軽減に役立ちます。

異物または怪我

場合によっては、異物や怪我によって犬の耳が腫れることがあります。犬は本来好奇心が旺盛で、周囲を探索しているときに草の種、いが、小さな昆虫などの異物に遭遇することがあります。これらの物体が外耳道に詰まったり、耳を刺激して腫れや不快感を引き起こす可能性があります。

噛み傷やひっかき傷などの怪我によっても犬の耳が腫れることがあります。他の動物との喧嘩や鋭利な物体との遭遇は耳に外傷を与え、炎症や感染症の可能性を引き起こす可能性があります。

異物や怪我が犬の耳の腫れの原因であると疑われる場合は、獣医師の診察を受けることが重要です。獣医師は状況を評価し、最善の行動方針を決定します。これには、異物の除去、損傷部位の洗浄と治療、および適切な薬の処方が含まれる場合があります。

腫れた犬耳のケア

犬の耳が腫れている場合は、不快感を軽減し治癒を促進するために適切なケアを行うことが重要です。従うべき一般的なガイドラインをいくつか示します。

1. 丁寧な洗浄

薬や治療を施す前に、犬の耳を適切に掃除することが重要です。獣医師推奨の耳洗浄剤または穏やかな自家製溶液を使用して、余分な耳垢、破片、刺激物を取り除きます。さらなる損傷を引き起こす可能性があるため、綿棒を使用したり、外耳道の奥深くに何かを挿入したりしないでください。

犬の耳を掃除するには、次の手順に従います。

  1. イヤーフラップをゆっくりと持ち上げて、直立した位置に保ちます。
  2. 少量の耳洗浄剤を綿球または清潔な布に付けます。
  3. 耳たぶの内側と外耳道の目に見える部分をそっと拭きます。
  4. もう一方の耳にもこのプロセスを繰り返します。

悪臭や分泌物などの感染の兆候に気付いた場合は、清掃を試みる前に獣医師に相談することが重要です。

2. 外用薬

耳の腫れの根本的な原因に応じて、獣医師は炎症の軽減、感染症の治療、または寄生虫の駆除を目的とした局所薬を処方する場合があります。これらの薬を投与するときは、獣医師の指示に従ってください。

犬の耳に局所薬を塗布するには、次の手順に従います。

  1. 犬の頭をそっと静止させて、耳たぶを持ち上げます。
  2. 処方された数の滴を投与するか、外耳道の目に見える部分に薬の薄い層を塗布します。
  3. 耳の付け根を数秒間マッサージして薬を浸透させます。
  4. 犬が首を振れるようにすると、耳全体に薬が行き渡りやすくなります。

3. 痛みの緩和

犬の耳が腫れて不快感や痛みを感じている場合、獣医師は鎮痛剤を勧める場合があります。これらの薬は犬の不快感を軽減し、より早い回復を促進するのに役立ちます。

鎮痛薬の用法・用量については獣医師の指示に従うことが重要です。人間用の市販の鎮痛剤は犬にとって有毒である可能性があるため、獣医師の指導なしには決して投与しないでください。

4. 環境の変化

場合によっては、環境要因が犬の耳の腫れに寄与する可能性があります。たとえば、アレルギーのある犬は、花粉や特定の食品などの既知のアレルゲンへの曝露を最小限に抑えることで恩恵を受ける可能性があります。犬の環境を清潔に保ち、症状を悪化させる可能性のある刺激物がないようにしてください。

犬の回復をサポートするために、次の環境の変化を考慮してください。

  • 犬の寝具や生活エリアを定期的に掃除して、ほこり、花粉、その他の潜在的なアレルゲンを除去してください。
  • 犬の持ち物や生活空間の掃除には、低刺激性で無香料の製品を使用してください。
  • 花粉の多い季節には室内で飼う、既知のアレルゲンを避けるなど、犬が環境要因にさらされるのを最小限に抑えます。

5. 自己トラウマの予防

犬の耳が腫れるとかゆみや不快感を感じ、過度に掻いたり頭を振ったりすることがあります。自傷行為や耳へのさらなる損傷を防ぐことが重要です。

自己トラウマを防ぐためのヒントをいくつか紹介します。

  • 犬を注意深く観察し、過度に引っ掻いたり頭を振ったりしないようにしてください。
  • 犬が耳に届かないようにエリザベスカラー(円錐形)の使用を検討してください。
  • 引っ掻いてさらなる損傷を引き起こすリスクを最小限に抑えるために、犬の爪を定期的にトリミングしてください。

犬の耳の腫れを防ぐ

犬の耳の腫れをすべて防ぐことはできないかもしれませんが、リスクを軽減するために実行できる手順はいくつかあります。考慮すべき予防策は次のとおりです。

  • 犬の耳を定期的に検査して掃除し、余分な耳垢、破片、および潜在的な刺激物を取り除きます。
  • 湿気の蓄積を防ぐために、水泳や入浴後は犬の耳を完全に乾かしてください。
  • 犬にアレルギーがある場合は、既知のアレルゲンにさらさないようにしてください。
  • 犬の生活環境を清潔に保ち、ほこりや花粉などの潜在的なアレルゲンを排除してください。
  • 耳の感染症やダニの寄生が知られている他の動物との犬の接触を最小限に抑えます。

これらの予防策を実施することで、犬の耳の健康を維持し、耳が腫れる可能性を減らすことができます。

獣医師の診察を受ける時期

犬の耳の腫れは自宅で対処できる場合もありますが、獣医師の診察が必要な場合もあります。次の場合は獣医師の助けを求めることが重要です。

  • 自宅でケアをしても腫れが続く、または悪化する。
  • あなたの犬は激しい痛みや不快感の兆候を示しています。
  • 耳を触ると熱くなったり、異臭がしたりする。
  • 犬は難聴や平衡感覚の変化を経験します。
  • 腫れには、発熱や倦怠感などの他の懸念すべき症状が伴います。

獣医師は適切な診断を行い、犬の特定の状態に最も適切な治療方針を推奨します。

結論

犬の耳が腫れている場合は、耳の感染症、耳ダニ、血腫、アレルギー、異物/怪我など、さまざまな根本的な原因が考えられます。犬の不快感を和らげ、治癒を促進するには、迅速な獣医のケアと適切な家庭ケアが不可欠です。このガイドで概説されているガイドラインに従うことで、犬の耳の腫れに必要なケアを提供し、将来の耳の腫れを防ぐことができます。あなたの毛皮で覆われた友人のための正確な診断と個別の治療計画については、必ず獣医師に相談してください。

検索するキーワードを入力してください

- 広告 -

最も人気のある

現地を書く

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気の記事

犬のさまざまな性格タイプを理解する

犬はそれぞれ独自の個性を持った素晴らしい生き物です。と同じように...

毛皮で覆われた友達を守る: ペットの盗難を防止し、ペットの安全を確保するためのガイド

ペットの盗難を防ぐには?ペットの飼い主として、私たちは毛皮で覆われた友人を大切にし、彼らの安全を守るためにできる限りのことをします。マイクロチップの装着から愛情あふれる家の提供まで、私たちは彼らを守るための予防策を講じています。

シニア犬の体重を増やして健康を維持するためのヒント

愛犬が年齢を重ねるにつれて、体や食欲に変化が現れるのは自然なことです。シニア犬の体重減少は、根本的な健康上の問題を示している可能性があるため、懸念の原因となることがあります。

- 広告 -

今すぐ読む

犬の基礎トレーニングの重要性:強い関係と強固なトレーニングの枠組みを築く

基礎トレーニングの重要性を探り、重要な概念について話し合い、毛皮で覆われた友人との強い関係を築くのに役立つ実践的なヒントを提供します。

お尻をぶつけ合う犬の興味深い行動

腰を軽く押すことは、犬が飼い主や他の犬に対して示す一般的な行動です。犬が腰やお尻を使って人や他の動物を押す行為です。

犬の胃がん:症状、治療、予後

胃がんとしても知られる胃がんは、胃の内壁や周囲の筋肉で細胞の異常な増殖や複製の調節不全が起こると発生します。

なぜ同じ家の犬が喧嘩するのでしょうか?

同じ家庭内での犬の喧嘩を止めるにはどうすればいいでしょうか?これは、新しい犬を家庭に迎え入れたとき、または犬が家の特定の領域で優位性を確立しようとしたときに発生する可能性があります。

致命的な犬対犬攻撃の犯罪化: 大論争を明らかにする

犬と犬による致命的な攻撃は、犬の飼い主に刑事責任を課すべきかどうかについて激しい議論を引き起こしている。私たちは、犬対犬による致死攻撃の犯罪化をめぐる多面的な議論を掘り下げていきます。

犬はアーモンドを食べても大丈夫?犬の飼い主のための総合ガイド

犬はアーモンドを食べても大丈夫?アーモンドは犬にとって安全な食べ物とは考えられていません。マカダミアナッツのように有毒ではありませんが、アーモンドは犬の健康にいくつかのリスクを引き起こす可能性があります。

犬のダウン症症状: 遺伝性疾患の探求

この包括的なガイドは、ダウン症のような症状に似ている可能性のある症状に焦点を当て、犬の遺伝性疾患についてより深く理解することを目的としています。

犬は安全に刺身を食べても大丈夫?責任あるペットの飼い主のためのガイド

毛皮で覆われた相棒とお気に入りの食べ物を共有したいと思うのは自然なことです。生の魚を繊細にスライスした刺身は、犬に与えてみたい誘惑的なおやつのように思えるかもしれません。

愛犬と綱引きをするための究極ガイド

毛皮で覆われた親友と絆を深める方法を探していますか?犬と一緒に楽しめるアクティビティの 1 つは、綱引きです。一般的な考えに反して、引っ張り遊びは安全なだけでなく、犬の身体的、精神的健康に多くのメリットをもたらします。

なぜ犬は靴下を噛むのが好きなのでしょうか?

犬にとって靴下は単なる衣服ではありません。それらはあなたの香りを運ぶ器です。犬の嗅覚は信じられないほど強力で、あなたの香りは犬の脳にポジティブな感情や感覚を連鎖的に引き起こします。

犬はキャベツを食べても大丈夫:総合ガイド

犬は適度にキャベツを食べても安全です。栄養豊富な野菜で、消化を助けたり、皮膚の健康を促進したりするなど、さまざまな健康上の利点があります。

犬はみかんのピリッとした喜びを楽しむことができますか?

みかんは、適度に摂取すれば、健康的でおいしい犬の食事に加えることができます。これらの柑橘類は必須栄養素を提供し、さまざまな創造的な方法で楽しむことができます。